投資信託の運用会社とは?

投資信託ガイドTop > 投資信託入門 > 投資信託の運用会社とは?

« 投資信託の販売会社とは? | メイン | 投資信託の受託銀行とは? »

投資信託の運用会社とは?

運用会社とは、実際に投資家の資産運用を行う会社です。
運用会社は、投資対象によって、それぞれ運用チームを作ります。
この運用チームのことをファンドといいます。

例えば、株式を運用するチームなら、株式ファンドと呼ばれます。また、国
債に投資する場合は、国債ファンドと呼ばれます。

投資対象によって、ファンドを作る
投資対象によって、ファンドを作る

ファンドの構成人員は、ファンドの銘柄選定や、運用方針決定等、中心的な役割
を果たすファンドマネージャーと、各業界のアナリストで構成されています。
ファンドマネージャーは、ファンドの中で、もっとも大きな権限を持っています。
そのため、ファンドマネージャーの力量がファンドの成績に大きく影響します。

ファンドマネージャーは、ファンドの成績に大きな権限を持つと同時に、大きな
責任を負っています。そのため、銘柄選定の際、正確に企業を見定めるため、
実際に企業を訪れ、トップとの対談などを行い、投資するに相応しい会社かどうか
を確認することもあります。

ファンドマネージャーには、運用を1人のファンドマネージャーで行うものと、
複数のファンドマネージャーが協力して運用を行うものがあります。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール