投資信託の手数料

投資信託ガイドTop > 投資信託入門 > 投資信託の手数料

« ポートフォリオを組むことで、相場の影響を軽減できる | メイン | ポートフォリオを組むことで、相場の影響を軽減できる »

投資信託の手数料

投資信託の手数料には、販売手数料信託手数料があります。

販売手数料は、販売会社(証券会社や銀行など)でファンドを購入する際に、
必要となる手数料です。
販売手数料は、ファンドが定めた範囲内で、販売会社が決めます。
そのため、同じファンドでも販売会社によって価格が異なります。

販売会社によって手数料が異なる
販売会社によって手数料が異なる

また、中には、販売手数料がかからないノーロードファンドと呼ばれるものもあります。
※ロード=手数料
コストを少しでも安くするため、まず、ノーロードファンドで良いものがないか
探してみるとよいでしょう。

信託手数料は、ファンド運用にかかわる販売会社、投資信託会社、
受託銀行に対する報酬にあたります。
また、この中には、国債などの保管にかかる管理費用も含まれます。信託手数料
は、積極的に利益を狙うタイプのファンド程高い傾向があります。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292