基礎勉強には、「投資信託の基礎知識」がおすすめ

投資信託ガイドTop > 投資信託の実践 > 基礎勉強には、「投資信託の基礎知識」がおすすめ

« 投資信託の勉強方法は、本で勉強するのが一番効率的 | メイン | 応用学習には、「投資信託選びでいちばん知りたいこと」がおすすめ »

基礎勉強には、「投資信託の基礎知識」がおすすめ

 何事ごとも基礎が大切です。基礎を理解しているからこそ、応用を理解することができます。また、基礎をしっかり身につけていれば、応用への理解も早まるでしょう。

 それは、投資信託でも言えることです。したがって、投資信託の勉強に使う最初の一冊目は、基礎をわかりやすく解説している本を選ぶべきです。なぜなら、始めに基礎をしっかり理解しておくことで、これから学習するであろう”より難しい内容(応用など)”を早く理解できるようになるからです。では、わかりやすく解説している本は何という本でしょうか?

 おすすめの本は、「これから資産運用をはじめる人の投資信託の基礎知識」です。理由は、以下です。

  • 経済を人体に例えるなどの比喩(ひゆ)を使って、わかりやすく解説しているから
  • しっかりした索引がついているから
  • 著者が、経済の第一線にいる人だから

経済を人体に例えるなどの比喩を使って、わかりやすく解説しているから
 比喩を使えば、物事をわかりやすく解説できます。「これから資産運用をはじめる人の投資信託の基礎知識」は、経済の解説に比喩を使っています。したがって、「これから資産運用をはじめる人の投資信託の基礎知識」は、経済の解説に比喩を使っているため、わかりやすいです。


しっかりした索引がついているから
 しっかりした索引があれば、容易にわからない言葉を調べられます。「これから資産運用をはじめる人の投資信託の基礎知識」は、しっかりした索引が付いています。よって、「これから資産運用をはじめる人の投資信託の基礎知識」は、しっかりした索引が付いているため、容易にわからない言葉を調べられます。そのため、わからない言葉が多い初心者の時には、最適の本といえます。


著者が、経済の第一線にいる人だから
 著者が、経済に精通していると信頼できます。「これから資産運用をはじめる人の投資信託の基礎知識」の著者は、経済・金融・行政などを研究している”UFJ総合研究所”です。したがって、「これから資産運用をはじめる人の投資信託の基礎知識」は、経済に精通している”UFJ総合研究所”が発行しているため、信頼できます。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292