毎月分配型の投資信託選びは、分散投資を忘れてはいけない

投資信託ガイドTop > 投資信託の実践 > 毎月分配型の投資信託選びは、分散投資を忘れてはいけない

« 信託手数料を調べるときは、投資信託の関連会社のホームページを確認 | メイン | 手数料1%の違いは、大きい »

毎月分配型の投資信託選びは、分散投資を忘れてはいけない

 毎月分配型の投資信託は、毎月分配金を配る投資信託です。毎月分配型の投資信託選びで、どうしても目が行くのは、分配金と投資した場合の利率だと思います。

 ただ、分配金に注目して、毎月分配型の投資信託を選ぶ際には、注意が必要です。毎月分配型の投資信託選びの注意点とは、何でしょうか?

 1つのファンドに全ての資産を投資してはいけないということです。なぜいけないのでしょうか?それは、将来、そのファンドの市場が、不況なったときに備えるためです。

 今は投資するファンドの市場が好況でも、いずれ経済の循環によって不況になります。そのファンドの市場が不況になったときに、価値が上がるものに同時に投資していた場合、不況の影響を軽減できます。したがって、今は業績がよくても、その市場が不況のときに価値が上がるものに同時に投資するべきです。

図:1つのファンドに全ての資産を投資してはいけない
1つのファンドに全ての資産を投資してはいけない






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール