松井証券で預株(貸株)をはじめるまでの手順

投資信託ガイドTop > 貸株サービス > 松井証券で預株(貸株)をはじめるまでの手順

« 譲渡所得をエクセルで計算 | メイン | 1年を超える期間の―リターンの計算式 »

松井証券で預株(貸株)をはじめるまでの手順

 預株(貸株)を活用することは、資産運用におすすめです。なぜなら、配当・値上がり益に加えて、貸株料が得られるからです。このことにより、株式投資の利率を、より高めることができます。また、貸株の弱点である“保証の弱さ”を、しっかりカバーしている証券会社もあるため安心です。*
* 詳しくはこちら→貸株サービスは、保証が手厚い松井証券で行う

 ただ、貸株を始める場合、あまりなじみのない手続きが必要になります。あまりなじみのない手続きを、挙げてみましょう。まず、貸株を行いたい株式を、他の証券会社に預けている場合、貸株を行いたい証券会社への―“移管手続き”が必要になります。さらに、松井証券で貸株を行いたい場合、一般口座の株式しか貸株できないため、特定口座から一般口座への―“振替手続き”が必要になります。そして“預株開始手続き”が、必要になります。では、実際に貸株を始めるには、どうすればいいのでしょうか?

    ※追記(2010/1/2)
    2009/11/14に、松井証券の貸株サービスが改善され、特定口座で預かってもらっている株式でも、貸株できるようになりました。したがって、特定口座から一般口座への―“振替手続き”は不要です。

 貸株を始めるまでの手順は、以下です。なお、以下は、松井証券で貸株を行うことを前提にしています。

●株式を松井証券に入庫
●株式を特定口座で持っている場合は、一般口座へ振替
●預株開始手続き

松井証券に入庫

 貸株をはじめるまでの手順を解説しました。まず、“松井証券に入庫“から解説していきます。貸株を行うには、松井証券に株式を預け入れていなければなりません。なぜなら、(1)貸株は、預け入れている株式を、預かっている証券会社に貸すしくみで、(2)当記事では、松井証券で貸株を行うことを前提にしているからです。

 ただ、現在、他の証券会社に、株式を預け入れている人も多いかもしれません。なぜかというと、松井証券は、10万円超の株式を取引する場合の―取引手数料が高めだからです。**50万円の株式を取引する際の手数料を比較してみましょう。松井証券の手数料は、540円です。SBI証券の手数料は、285円です。楽天証券の手数料は、368円です。
** 1日の約定金額合計が10万以下の場合は、松井証券が最も安い。(=株式取引手数料無料)
では、他の証券会社に、株式を預け入れている場合は、どうすればいいのでしょうか?

 株式を、他の証券会社から松井証券に―移動する手続き(=移管手続き)をします。移管手続きの方法は、以下です。

1.まず、現在、預け入れている証券会社に、移管手続きの書類を請求します。移管手続きに必要な書類は、以下です。特定口座に預け入れている場合は、特定口座内保管上場株式等移管依頼書が必要です。一般口座に預け入れている場合は、口座振替依頼書が必要です。
2.次に、預け入れている証券会社に、書類を提出します。***
*** 松井証券にも口座を開設済みでないと、移管手続きはできません。

図:口座の種類と提出書類
口座の種類と提出書類

株式を特定口座で持っている場合は、一般口座へ振替

 貸株をはじめるまでの手順:“株式を松井証券に入庫”で、移管手続きについて解説してきました。株式の移管手続きを行うと、特定口座に預けていた株式は、松井証券の特定口座に預けられます。同じように、一般口座に預けていた株式は、松井証券の一般口座に預けられます。
 特定口座と一般口座では、特定口座で預かってもらっている人のほうが多いと―私は思います。なぜなら、特定口座は、譲渡所得の計算が楽だからです。特定口座で預かってもらえば、面倒な譲渡所得の計算を、証券会社がやってくれます。

 しかし、松井証券で貸株を行う場合、貸株をしたい株式は、一般口座で預かってもらっていなければならなりません。なぜかというと、松井証券の貸株には、一般口座で預かってもらっている株式しか貸し出せないという―制限があるからです。では、特定口座で株式を預かってもらっている場合は、どうすればいいのでしょうか?

 特定口座から、一般口座に振り替えましょう。一般口座への振替手続きの手順は、以下です。

1.松井証券にログイン
口座開設後に送られてくる―会員IDと会員パスワードを使って、松井証券にログインします。
2.一般口座への振替手続き
資産状況>預り残高振替 とたどり、振り替えたい銘柄の左の―“振替”をクリックします。そして、振替数を入力し、内容確認を押します。

図:特定口座から一般口座への振替
特定口座から一般口座への振替

    特定口座から一般口座に振り替えた株式は、後で特定口座に戻せるのか?
    一度、特定口座から一般口座に振り替えた株式は、もう特定口座に戻せません。また、他の証券会社に移管しても、特定口座に戻すことはできません。

図:特定口座から一般口座に振り替えた株式は、特定口座に戻せない
特定口座から一般口座に振り替えた株式は、特定口座に戻せない

預株開始手続き

 これまで解説した“貸株をはじめるまでの手順”は、(1)まず、株式を松井証券に入庫し、(2)株式を特定口座で持っている場合は、一般口座へ振替をする―ところまででした。これで、貸株したい株式を、松井証券の一般口座で預かってもらうまでの―手続きが、完了しました。

 ただ、一般口座で株式をもっていれば、自動的に貸株を行ってくれるわけではありません。なぜなら、貸株は、申し込みをしなければ行われないからです。では、どうやって貸株を申し込めばいいのでしょうか?

 預株開始手続きを行えばいいです。預株開始手続きの手順は、以下です。

1.松井証券にログイン
2.(1)預株確認書と(2)取引ルールを承諾
口座管理>各種口座開設状況>預株確認書 とたどり、(1)預株確認書と(2)取引ルールをよく読み、承諾します。
3.2の手続き終了後、預株したい銘柄を選んで追加
資産状況 >預株申込・取消> とたどると、貸株できる銘柄が表示されます。そこで、貸株したい銘柄の横の追加チェックボックスにチェックを入れて、確認を押します。

図:貸株開始への手順
貸株開始への手順

松井証券の口座開設はこちら
>>松井証券






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292