中央三井信託銀行の取り扱いインデックスファンド

投資信託ガイドTop > 店舗型銀行の取り扱いインデックスファンド > 中央三井信託銀行の取り扱いインデックスファンド

« 三井住友銀行の取り扱いインデックスファンド | メイン | 住友信託銀行の取り扱いインデックスファンド »

中央三井信託銀行の取り扱いインデックスファンド

 投資信託をネット証券で買えば、投資信託にかかるコストの削減が可能です。ネット証券の投資信託にかかる―コスト削減例を、挙げてみましょう。まず、販売手数料を削減できます(ネット証券は、ノーロード:販売手数料無料の投信を、多数取り扱っています)。そして、信託報酬を削減できます(ネット証券は、信託報酬が安い投信を、多数取り扱っています)。

 ただ、どうしてもネット証券は、使いたくないという方もいるかもしれません。ネット証券を使いたくない理由としては、(1)いつでも、ネットを使える環境にない(2)インターネットでお金を扱うのは、なんとなく不安 といったところでしょうか。では、ネット証券以外の販売会社では、どんな投資信託が買えるのでしょうか?

  ここでは、“中央三井信託銀行“で買えるインデックスファンドを紹介します。インデックスファンドのみ紹介する理由は、インデックスファンドは運用にかかるコストが安いからです。

 なお、特に補足がない場合、インデックスファンドの連動する―インデックスは、以下です。国内株式は、TOPIX。国内債券は、NOMURA-BPI。外国株式は、MSCIコクサイ・インデックス。外国債券は、シティグループ世界国債インデックス。

国内株式

ファンド名販売手数料信託手数料信託財産留保額
トピックス・インデックス・オープン2.1%0.65%0%
日本株式インデックスファンド2.1%0.63%0.2%
インデックスファンド225*2.1%0.55%0%
日経225インデックスファンド*2.1%0.50%0%
* 日経225連動

外国株式

ファンド名販売手数料信託手数料信託財産留保額
外国株式インデックスファンド2.1%0.84%0.2%

国内債券

ファンド名販売手数料信託手数料信託財産留保額
日本債券インデックスファンド0%0.53%0.1%

外国債券

ファンド名販売手数料信託手数料信託財産留保額
外国債券インデックスファンド2.1%0.74%0.1%

バランス

ファンド名販売手数料信託手数料信託財産留保額
4資産インデックスバランスオープン(分配型・成長型)**2.1%0.68%0.15%
** 投資割合
資産分類投資割合
国内株式25%
外国株式25%
国内債券25%
外国債券25%






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール