SBI証券の個人型確定拠出年金の―取り扱い投資信託

投資信託ガイドTop > 確定拠出年金(401k)の販売会社 > SBI証券の個人型確定拠出年金の―取り扱い投資信託

« 代表的なポートフォリオのリターン・リスク | メイン | 鹿児島銀行の個人型確定拠出年金の―取り扱い投資信託 »

SBI証券の個人型確定拠出年金の―取り扱い投資信託

 「確定拠出年金(401k)の利点(メリット)」で、確定拠出年金(401k)のメリットは、個人の年金積立を、国が支援してくれることだと述べました。記事では、その根拠として、(1)年金資金が、従業員個人に帰属する(2)年金資金が、税制優遇される―の2点を挙げました。

 ただ、個人型確定拠出年金を始めようとした場合、金融機関を選ぶ際に、とまどうかもしれません。これから個人型確定拠出年金を始める人が、金融機関を選ぶ際に、とまどうかもしれない理由は以下です。まず、各金融機関が取り扱う―個人型確定拠出年金用の金融商品が、それぞれ異なるからです。また、個人型確定拠出年金を取り扱う―金融機関は、数多くあるからです。そこで、ここでは、おすすめできる金融機関:“SBI証券”を紹介したいと思います。では、SBI証券の個人型確定拠出年金の取り扱い投資信託には、どんなものがあるのでしょうか?

 以下に、投資資産ごとに分類してまとめました。なお、以下では、インデックスファンドのみ紹介しています。

国内株式(TOPIX連動)

銘柄名連動インデックス信託報酬販売手数料留保額*
MHAM TOPIXオープンTOPIX0.6825%(税抜0.65%)なしなし
* スペースの関係上、“信託財産留保額”を、“留保額”と記載しています。

外国株式

銘柄名連動インデックス信託報酬販売手数料留保額*
DC外国株式インデックスファンドMSCIコクサイ・インデックス0.84%(税抜0.8%)なし0.2%

国内債券
なし

外国債券

銘柄名連動インデックス信託報酬販売手数料留保額*
野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)シティグループ世界国債インデックス0.5775%(税抜 0.55%)以内※なし0.1%
※ 2007年9月27日現在 年 0.2205%(税抜 0.21%)

バランス

銘柄名連動インデックス信託報酬販売手数料留保額*
SBI資産設計オープン(スゴ6)資産成長型下記参照0.7140%(税抜0.68%)なし0.15%

(補足)スゴ6の投資割合

資産分類投資割合連動インデックス
国内株式20%TOPIX
外国株式20%MSCIコクサイ・インデックス
国内債券20%NOMURA-BPI総合指数
外国債券20%シティグループ世界国債インデックス
国内REIT10%東証REIT指数(配当込み)
外国REIT10%S&Pシティグループ・グローバルREITインデックス(配当込み)






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール