松井証券

« 積み立て投資に適した証券会社一覧 | メイン | ドルコスト平均法の実行の際の注意点 »

松井証券

松井証券の概要
 松井証券は、国内ETFの取引にもっとも向いた証券会社です。向いていると言えるのは、(1)株式(ETF)の少額取引の―手数料がもっとも安い(2)保護の手厚い貸株サービスがある―といった利点があるからです。

図:松井証券の情報一覧他の証券会社と比較

信託報酬の安いインデックスファンドシリーズ取り扱い×貸株サービス○(年率:貸株実行状況による)
投信保有ポイントサービス×外国株式×
国内株式外貨MMF○(1通貨)

図:信託報酬の安いインデックスファンドシリーズ取り扱い状況他の証券会社と比較

インデックスeSMTFunds-ieMAXIS
××××

図:投信保有ポイントサービスの還元率(年率)他の証券会社と比較

投信保有ポイントサービスはありません

図:国内株式(ETF)の取引手数料他の証券会社と比較

1日の約定代金合計金額手数料(税抜)
10万円まで0円
30万円まで300円
50万円まで500円
100万円まで1,000円
200万円まで2,000円
100万円増えるごとに1,000円加算
1億円超100,000円(上限)

図:貸株サービスの還元率(年率)他の証券会社と比較

TOPIX-ETF(銘柄コード:1306)を貸株した場合
貸株実行状況による
参考)管理人実績(直近12ヶ月):0.15%

図:外国株式(海外ETF)の取引手数料他の証券会社と比較

外国株式の取り扱いはありません

図:外貨MMFの取り扱い通貨と、為替手数料(1通貨あたり)他の証券会社と比較

米ドルMMFユーロMMFポンドMMF豪ドルMMF加ドルMMFNZドルMMFランドMMF
20銭
※ -は、取り扱いがないことを示しています。

松井証券の利点の詳細解説
 ここでは、概要で述べた利点を具体的に解説します。

1.株式(ETF)の少額取引の―手数料がもっとも安い
 松井証券では、1日の約定代金合計:10万円までの場合、手数料無料で株式取引できます。この手数料は、ネット証券の中でもっとも安いです。

図:松井証券の株式取引手数料

1日の約定代金合計金額手数料(税抜)
10万円まで0円
30万円まで300円
50万円まで500円
100万円まで1,000円
200万円まで2,000円
100万円増えるごとに1,000円加算
1億円超100,000円(上限)

2.保護の手厚い貸株サービスがある
 松井証券の貸株サービスは、松井証券が倒産して貸株が返還されない状況になった場合、貸した株式の代わりに、貸株代わり金を受け取れるしくみになっています。松井証券に貸した株式の―保護のしくみは、以下です。(1)松井証券は、投資家から借り受けた株式を、日証金に貸株しますが、(2)貸株する際、日証金から担保として“貸株代わり金”を預かり、それを信託分別します。

松井証券の欠点
 ただ、松井証券も、利点ばかりではありません。松井証券には、”松井証券単体では、じゅうぶんな分散投資ができない”―という弱点があります。松井証券単体で、じゅうぶんなリスク分散ができない理由は、以下です。(1)まず、投資信託の商品取り扱いが、米ドルMMFしかありません。(2)また、国内ETFだけで分散投資をしようにも、国内ETFだけでは、分散投資がじゅうぶんに行えません。国内ETFだけでは、分散投資がじゅうぶんに行えない理由は、(ア)分散投資には、国内債券・外国株式・外国債券などに投資する銘柄が適していますが、(イ)国内ETFの銘柄は、国内株式以外(国内債券・外国債券など)のものが少ないから―です。

実際に松井証券を使った場合、具体的にどんなメリットがあるのか
 “株式(ETF)の少額取引の―手数料がもっとも安い”と“保護の手厚い貸株サービスがある”とが組み合わさることで、以下のメリットが得られます。それは、(1)ETFを買い、そのETFを貸株することで、(2)通常もらえる配当のほかに、貸株料を得ることができる*―というメリットです。
* ただし、貸株料は、貸株していればかならずもらえるわけではありません。貸株料は、”貸株の割り当て抽選に当たり、貸株がおこなわれた場合のみ”受け取れます。

松井証券の口座開設はこちら
>>松井証券






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール