アドバイスを求められたときにすすめたい投資信託

投資信託ガイドTop > 投資信託コラム > アドバイスを求められたときにすすめたい投資信託

« 配当金相当額は、二重課税になる | メイン | 投資資金の入金の手間を省きたい時の証券会社選び »

アドバイスを求められたときにすすめたい投資信託

 あなたが投資信託に詳しい場合、親しい方から投資のアドバイスを求められることもあるかもしれません。その方は、(1)投資信託の数多くの商品から、どれを選ぶべきかわからないため、(2)知らない人に聞くよりは、知識が豊富な身近な人に聞こう―と思うのでしょう。

 ただ、投資方法(銘柄の組み合わせや、積立方法)を教えてあげたとしても、なかなか理解できないでしょう。なぜなら、それらの投資方法の有効性を理解するには、“複数銘柄に投資することによるリスク分散”や、“ドルコスト平均法による時間分散”などについて知っていなければならないからです。

 これらの知識は専門的なので、自ら興味を持って勉強した場合に比べて、説明してもらっても理解しづらいかもしれません。

 そのため、専門的な知識がなくても分散投資ができ、銘柄構成もわかりやすい―以下のような投資信託をすすめてあげるのがいいのでしょう。

6種類のインデックスファンドにバランスよく投資する「スゴ6」
http://teiiyone.com/blog/2007/12/6.html

 上記の商品は、はじめから複数の銘柄にバランスよく分散投資されていますので、リスクが低くなっています。また、コストも、バランスファンドの中でかなり安い方に分類されます。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292