国内株式に広く投資する商品の信託報酬を節約する方法

投資信託ガイドTop > 投資信託コラム > 国内株式に広く投資する商品の信託報酬を節約する方法

« 相続を想定した投資信託選び | メイン | 国内株式に広く分散投資する方法 »

国内株式に広く投資する商品の信託報酬を節約する方法

 国内株式に広く投資する投資商品(投資信託・ETFなど)に投資した場合、信託報酬(=運用にたずさわる会社に支払う報酬)がかかります。信託報酬がかかる理由は、(1)プロに物事を任せれば、費用がかかりますが、(2)投資信託・ETFは、プロに運用を任せる―からです。

 ただ、この”信託報酬”は、できるだけ節約したいところです。信託報酬を節約したい理由は、(1)先ほど解説したように、国内株式に広く投資する投資商品(投資信託・ETF)には、信託報酬がかかりますが、(2)自分で、個別株式を使って―国内株式に分散投資した場合、信託報酬はかからないからです。では、信託報酬を安く抑えることはできないのでしょうか?

 以下のような―TOPIX ETF(=証券取引所に上場された投資信託)なら、信託報酬を安く抑えることができます。

国内株式全体に、格安の信託報酬で分散投資できるETF「TOPIX連動型上場投資信託」
http://teiiyone.com/blog/2008/05/etftopix_1.html

 上記の商品は、活発に取引されているため、安心して購入できます。また、少額でも購入可能です。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292