国内株式に広く分散投資する方法

投資信託ガイドTop > 投資信託コラム > 国内株式に広く分散投資する方法

« 国内株式に広く投資する商品の信託報酬を節約する方法 | メイン | 証券会社のポイントのため方 »

国内株式に広く分散投資する方法

 国内株式に広く分散投資したい―と考える方は多いと思います。広く分散投資したい方が多いと思う理由は、(1)個別株式で数社のみに集中投資した場合、保有資産全体の値動きは激しくなりますが、(2)個別株式で非常に多くの銘柄に分散投資した場合、保有資産全体の値動きは穏やかになる―からです。

 ただ、国内株式に広く分散投資する商品は、複数あります。国内株式に広く分散投資する商品例は、以下です。(1)まず、投資信託があります。さらに、投資信託には、“インデックスファンド“・“アクティブファンド“の2種類があります。(2)また、ETFがあります。では、国内株式に広く分散投資したい場合、どれに投資すべきなのでしょうか?

 以下のような―コストが安く、投資銘柄も非常に多い(約1700銘柄)商品に投資すると良いです。

国内株式全体に、格安の信託報酬で分散投資できるETF「TOPIX連動型上場投資信託」
http://teiiyone.com/blog/2008/05/etftopix_1.html

 上記の商品は、活発に取引されているため、安心して購入できます。また、少額でも購入可能です。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール