エクセルのゴールシークを使って、毎月の必要積立額を計算する

投資信託ガイドTop > 投資信託の積み立て > エクセルのゴールシークを使って、毎月の必要積立額を計算する

« 積立目標額を決める | メイン | 運用資産の一部が目減りしても構わない場合の―必要積立額計算 »

エクセルのゴールシークを使って、毎月の必要積立額を計算する

 「積立目標額を決める」で、積み立てのゴールである―積立目標額の計算方法を解説しました。記事で、”積立目標額は、必要な取り崩し額(年額)÷期待リターン(年率)で計算する”―と解説しました。

 ただ、積立目標額がわかっても、その目標に到達するために、毎月いくら積み立てる必要があるのかわかりません。必要な積立額は、エクセルを使うことで計算できます。では、エクセルをどう使えば、毎月の必要積立額を計算することができるのでしょうか?

 エクセルで計算のための表を作り、その後でゴールシークを使うことで計算できます。具体的な方法は、以下です。なお、以下の例は、”初期投資額:500万円・リターン:5%で、30年後に6,000万円積み立てるためには、毎月いくら積み立てる必要があるのか”を計算しています。

計算のための表を作成

1.自分で入力する欄を作ります。
初期投資額、積立額:月、リターンを入力する欄を作ります。
 自分で入力する欄を作ります
※ リターンは、1.○○の形式で入力してください。例えば、リターンが3%の場合、”1.03”と入力してください。
2.自動で計算される欄を作ります。
 2-1.積立額:年(=1年間に投資される総額)が自動入力されるようにします。
 積立額:年(=1年間に投資される総額)が自動入力されるようにします
 2-2.計算表の1行目を入力します。
  2-2-1.初期投資額が転記されるようにします。
  初期投資額が転記されるようにします
  2-2-2.1年間運用後の資産額が、自動計算されるようにします。
2-2-1.に、”リターン”を掛けます。
  1年間運用後の資産額が、自動計算されるようにします
$G$2のドルマーク($)は、セルをコピーしたときに指定場所が変わらないようにするための記号です。
  2-2-3.1年間積立後の資産額が、自動計算されるようにします。
2-2-2.に、”積立額:年”を足します。
  1年間積立後の資産額が、自動計算されるようにします
※ 上と同じく、ドルマークをつけてセルを指定しています。
 2-3.計算表の2行目(一番左のみ)を入力します。
年間積立後の資産額が、自動転記されるようにします。
 計算表の2行目(一番左のみ)を入力します
 2-4.後は同じなので、50行目までコピーします。
A2、B1、C1を、50行目までコピーします。こうすることで、50年間積立後の資産額まで自動計算できるようになります。
 後は同じなので、50行目までコピーします

図:必要積立額計算エクセルファイル完成図
必要積立額計算エクセルファイル完成図


表を使って計算

1.ゴールシークを起動します。
メニューから、ツール(T) > ゴールシーク(G)を選びます。
2.入力欄が表示されるので、必要項目を入力します。
入力欄が表示されるので、必要項目を入力します
 2-1.”数式入力セル(E)”に、計算したい年数の行の―C列のセル(=積立後の資産額が計算されたセル)を指定します。
計算例では、30年後に6,000万円に到達するという目標ですので、30行目のC列を指定しています。
 2-2.”目標値(V)”に、到達すべき資産額を入力します。
 2-3.”変化させるセル(C)”に、毎月の積立額を入力するセル(F2)を指定します。
3.OKを押して、計算結果を確認します。
計算例では、毎月48,152円の積み立てが必要であることが分かりました。
OKを押して、計算結果を確認します






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール