長期投資の利点:長期投資の税制上のメリットがある

投資信託ガイドTop > 長期投資 > 長期投資の利点:長期投資の税制上のメリットがある

« 長期投資の利点:積立投資による時間分散ができる | メイン | 長期投資の利点:コストが低下する »

長期投資の利点:長期投資の税制上のメリットがある

 投資信託への投資で利益が出れば、税金がかかります。投資信託の税率は、20.315%(内訳:所得税 15.315%・住民税 5%)と比較的高いです。

 投資信託で利益がでるのは、”投資信託の売却時”と、”分配金受け取り時”とです。なお、税金は”利益がでていればかかる”ので、以下のような場合はかかりません。

 まず、投資信託の売却時、売却する投資信託が、買ったときより基準価額が下がっていた場合。また、分配金受け取り時、受け取った分配金が、元本を取り崩して支払われた場合(このような分配金を”特別分配金”といいます)です。
→(参考)投資信託の分配金にかかる税金

 ただ、上記のように比較的高い税金がかかる投資信託ですが、長期投資をすることで、税金面で有利になります。では、長期投資の税制上のメリットとは何でしょうか?

 長期投資は、投資信託の売却時にかかる税金(=値上がり益にかかる税金)を、取り崩し開始時期まで先送りできます。

 なぜなら、(1)値上がり益にかかる税金は、売却したときに、購入時点より基準価額が上がっていた場合にかかりますが、(2)長期投資は、基本的に、取り崩し開始時期まで資産を売却しないからです。

補足説明

長期投資をおこなっても、”普通分配金にかかる税金”は、先送りできません。分配金は、投資家の意志と関係なく、ファンドの資産を売却して支払われるからです。そのため、長期投資をする際は、分配金を”支払わないファンド”、または”極少額しか支払わないファンド”を選ぶことが大切になります。

図:値上がり益にかかる税金と、普通分配金にかかる税金との先送り可否
値上がり益にかかる税金と、普通分配金にかかる税金との先送り可否






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール