ワンコイン積立(プチ株)でのETF積立の弱点

投資信託ガイドTop > ドルコスト平均法 > ワンコイン積立(プチ株)でのETF積立の弱点

« ETF(株式)でドルコスト平均法をする方法 | メイン | 資産価値を下げるインフレ »

ワンコイン積立(プチ株)でのETF積立の弱点

 「ETF(株式)でドルコスト平均法をする方法」で、ワンコイン積立(プチ株)を使えば、ETFの自動積立ができると解説しました。上記のサービスを使えば、設定した積立額に応じて、毎月自動で適切な株数を購入してもらえます。

 ただ、ワンコイン積立(プチ株)には、投資信託の自動積み立てよりも不利な点があります。では、不利な点とは何でしょうか?

 ワンコイン積立(プチ株)が、投資信託の自動積み立てよりも不利な点は以下です。

(1)手数料がかかる

 ワンコイン積立(プチ株)の手数料は、以下です。まず、約定代金2万円まで100円(税抜)かかります。そして、約定代金が1万円増えるごとに67円(税抜)加算されます。

 ただし、手数料の影響は少ないです。手数料の影響が少ない理由は、以下です。まず、長期投資の場合、一度しかかからない手数料の負担は長期投資で薄まるからです*。また、以下の表のようにワンコイン積立(プチ株)は、継続するほど手数料が安くなるからです(最大50%割引)。

* 参考→長期投資の利点:コストが低下する

図:ワンコイン積立(プチ株)の手数料割引

積立回数 割引
1回 0%割引
2回 10%割引
3回 20%割引
4回 30%割引
5回 40%割引
6回以降 50%割引

(2)引き落とし銀行が少ない

 ワンコイン積立(プチ株)は、カブドットコム証券の口座、もしくは限られた銀行からしか引き落としできません。引き落としができる銀行は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・スルガ銀行・大垣共立銀行―の7行だけです。

 そのため、”限られた引き落とし銀行”の中にメイン銀行があればいいのですが、そうでない場合は、”限られた引き落とし銀行の口座”か、”カブドットコム証券の口座”にあらかじめお金を入れておく必要があります。

カブドットコム証券の口座開設はこちら
>>カブドットコム証券






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292