資産価値を下げるインフレ

投資信託ガイドTop > インフレの資産への影響 > 資産価値を下げるインフレ

« ワンコイン積立(プチ株)でのETF積立の弱点 | メイン | 日本に住んでいる限り、インフレに備える必要はない? »

資産価値を下げるインフレ

 インフレ(インフレーションの略)とは、物の値段が上がることです。2%のインフレが起これば、10,000円の物が10,200円(=10,000×1.02)。5%のインフレが起これば、10,000円の物が10,500円(=10,000×1.05)に上がります。
 
 インフレが起こると、お金の価値は相対的に下がることになります。インフレでお金の価値が下がる―と言える理由は、(1)インフレが起こると”モノの値段”が上がりますが、(2)”モノの値段”が上がれば、同じものを買うためにより多くのお金が必要になるからです。

 ただ、インフレによって価値が下がるのは、お金だけではありません。では、インフレは、お金以外に何の価値を下げるのでしょうか?

 投資資産の価値も下げます。インフレが投資資産の価値を下げる理由は、(1)先ほど解説したように、インフレは、お金の価値を下げますが、(2)資産の価値は、お金で換算されるからです。

図:インフレが起こると、お金・資産の価値が下がる
インフレが起こると、お金・資産の価値が下がる






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292