投資信託の取り崩しを開始しても、ポイントを忘れず換金しよう

投資信託ガイドTop > 投資信託の取り崩し > 投資信託の取り崩しを開始しても、ポイントを忘れず換金しよう

« 期待リターンを上回る取り崩しをしないこと | メイン | 投資信託を取り崩すときは、資産のバランスを整えるようにすること »

投資信託の取り崩しを開始しても、ポイントを忘れず換金しよう

 目標額に達したら、期待リターンに応じた金額の取り崩しをはじめます。

 ただ、取り崩しの際には、ポイント換金を忘れがちになります。ポイントも忘れずに換金するようにしましょう。

  • 目標額に達したら、毎月資産の組み合わせの期待リターンに応じた金額を取り崩す
  • 投資信託の保有で手に入る、ポイントの換金を忘れがちになる
  • 投信保有ポイントをしっかり換金しよう

目標額に達したら、毎月資産の組み合わせの期待リターンに応じた金額を取り崩す

 投資資産の価格は日々変動しますので、それにともない資産額も変動します。資産額の変動幅は、株式は大きく、債券は少ないです。

 資産額の変動により、期待リターンを上回る利益が一時的にあがる時期もあります。たとえば、期待リターン5%の外国株式が20%値上がりする、ということもあります。

 この時、欲を出して期待リターンを上回る取り崩しをしてはいけません。期待リターンを上回る分は元本ですから、適正な額に下がったときに確実に投資元本から減っています。

>>期待リターンを上回る取り崩しをしないこと


投資信託の保有で手に入る、ポイントの換金を忘れがちになる

 積み立てで目標額がたまると、年に1回など、売却のタイミングだけログインするようになるでしょう。

 しかし、このときに同時にたまっている、ポイント収入には関心が薄れがちです。取り崩し額に比べれば、ポイント収入は少ないからです。

 投資信託の保有によるによるポイントも、立派な収益です。ポイント収益に関してもしっかり確認してください。


投信保有ポイントをしっかり換金しよう

 大金になると、投信保有ポイントはバカにできない額になります。SBI証券では、投資信託保有額の0.1%のポイント収益が得られます。0.1%と言うと少なく感じるかもしれませんが、たくさんの額が積み上がった状態であれば0.1%でも大きな金額になるのです。なお、信託報酬が0.2%を切るような超低コストのインデックスファンドの場合は、投資信託保有額の0.05%のポイント収益に下がります。

 SBIポイントは、ポイントの85%の現金にすることができます。たとえば、1,000SBIポイントは、850円の現金にできます。なお、85%の現金にするためには、住信SBIネット銀行の口座が必要です。

 ポイントの換金を忘れないために、カレンダーに書き込むなどの工夫をしておきましょう。換金は、1年に最低でも1回、日にちを決めて、忘れずにおこないましょう。1年以上放置しておくと、ポイントの有効期限が切れてしまう可能性があります。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール