投資信託ガイドTop > 100万円で実践!月0.3%の永久投信取り崩し術 > 2022年6月の投資信託0.3%取り崩し。今月は3,608円取り崩せました。

« 2022年5月の投資信託0.3%取り崩し。今月は3,617円取り崩せました。 | メイン | 資産運用のバックテストが簡単にできるエクセルファイルの作り方 »

2022年6月の投資信託0.3%取り崩し。今月は3,608円取り崩せました。

 今月も予定通り、評価額の0.3%の取り崩しをおこないました。

 私は投資資金(100万円)すべてを「全世界株式」に投資しているため、年4.5%(インフレ調整後)のリターンが期待できます。
→(参考)なぜ全世界株式が4.5%のリターンなのかは、連載第一回の最初の方をご覧ください。

 そのため、月0.3%(=年3.6%)の取り崩しなら、20年以上の長期でみれば、元本をへらさずにずっと取り崩しをつづけられるはずです。では、今月は、いくら取り崩せたのでしょうか?

 今月は、3,608円取り崩すことができました。取り崩し運用の内容は、以下です。


取り崩し額

 今月は、3,608円取り崩せました。取り崩しは、自動でおこなわれます。

2022年6月の取り崩し額

→(参考)実際の取り崩し設定の解説記事(楽天証券)

 取り崩し額は、楽天銀行に自動で振り込まれます。取り崩したお金は、6月8日に振り込まれました。なお、取り崩しの際にかかる譲渡益税(利益の約20%)が源泉徴収されています。

2022年6月の取り崩しの振込額

→(参考)実際の取り崩し設定の解説記事(楽天銀行)


現在までのリターン

ア.評価額の推移

a.投資信託の評価額

 現在(2022年6月末時点)の評価額は、1,175,433円です。

2022年6月末時点の評価額

b.累計の取り崩し額

 今までの取り崩し額を合計すると、58,885円になります。現在の評価額と、今までに取り崩した総額、投資額をグラフにしました。

2022年6月までの取り崩し累計額

イ.トータルリターン

 トータルリターンとは、「含み益」・「譲渡益」・「分配金」を合計した、総合収益のことです。この運用では、「現在の評価額と、今までに取り崩した総額とを合計した金額」から、「投資した金額:100万円」を引いた額になります。現在(2022年6月末時点)のトータルリターンは、234,318円です。

2022年6月末時点のトータルリターン

 2021年1月~2022年6月までのトータルリターン(率)は、23.43%(=トータルリターン:234,318円÷100万円)でした。年率に変換すると、年率15.07%*1の利益が出ています。
*1 計算式 (1+23.43%)^(1÷(18ヶ月÷12ヶ月))-1=15.07%


投資信託の保有でもらったポイント

 楽天証券の、投資信託の保有でもらえるポイント制度は、なくなりました。


運用している銘柄

 投資している銘柄は、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)ひとつだけです。これに投資する理由は、「取り崩し運用に最適」だからです。取り崩し運用に最適だといえる理由は以下です。

 まず、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は、先進国・新興国の株式に1つだけで投資できるからです。eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の投資先の割合は、以下です。

  • 日本株式:5.4%
  • 外国株式:83.5%
  • 新興国株式:11.0%

※各割合は、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の最新の月報(PDFファイル)から取得

 次に、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は、同じように全世界株式に投資する投資信託のなかで、もっとも手数料がやすい(年率:0.1144%(税込))からです。また、この「やすい手数料」は、さらにやすい手数料の商品がでてきたら、同じレベルまで引き下げられます。


投資信託の取り崩しに使っている会社一覧

ア.投資信託の取り崩しにつかっている証券会社

楽天証券実際の取り崩し設定はこんな感じ

イ.投資信託の取り崩し額のうけとりにつかっている銀行

楽天銀行(実際の取り崩し設定はこんな感じ


0.3%取り崩し記事の次回の更新日

 次回は、8月の第一週の金曜日(8/5)に更新する予定です。