逆指値とは?

« 指値とは? | メイン | 株価チャートとは? »

逆指値とは?

株式投資ガイドー初心者向けに徹底解説! > 株式の注文方法 > 逆指値とは?

逆指値とは、指値と同じく、値段を指定して取引を行う、注文方法です。

では、指値注文と、どこが違うのでしょうか?

指値は、現在の値段より、安い値段で買い注文を出します。
また、現在の値段より、高い値段で売り注文を出します。
つまり、現在より、いい条件の時に取引をします。

しかし、逆指値は、現在の値段より、"高い"値段で買い注文を出します。
また、現在の値段より、"安い"値段で売り注文を出します。
つまり、現在より、"悪い"条件の時に取引をします。

なぜ、現在より、"悪い"条件の時に取引をする注文が必要なのでしょうか?
逆指値を使う理由は、損失を限定させることにあります。

株価は、いつも自分の予想通りに動くとは限りません。
予想と逆にいってしまうこともあります。
こんな時に、逆指値で予想通りに行かなかった場合の、損失を限定させます

例をあげて見ましょう。
株式を1000株持っていて、現在の株価は、400円 だとします。

この時、株価は、上がると考えていたのですが、予想通り行かなかったときのために、380円の逆指値注文を出しました。
以降、相場が、下落してしまいました。その時、380円の注文が約定します。
そして、1,000株×20円=20,000円 の損失が出ました。

逆指値注文の損失確定効果
逆指値注文の損失確定効果

この逆指値注文の効果は、損失を20,000円に限定することが出来たことです。
逆指値注文を出していなかったら、損失が20,000円以上になってしまったかもしれません。。
このように、逆指値は、損失を限定させるために使われます。

逆指値とは、指値と同じく、値段を指定して取引を行う、注文方法です。
指値との違いは、現在より、悪い条件の時に取引をする注文 という点です。



<<指値とは? | 株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説! | >>
株式投資の基本
株式投資とは?
配当とは?
配当の受け取り方法
配当性向とは
単元未満株とは
信用取引とは
インサイダー取引とは
値幅制限とは
決算情報を早く手に入れるには、決算短信をみる
株式情報の入手には、四季報を使う
株式投資の税金
株式の税金は?
株式投資の確定申告



株式投資の注文方法
株式の注文方法
成り行きとは?
指値とは?
逆指値とは?
株式投資の指標
PERとは
PBRとは
ROEとは
自己資本比率とは
株式投資のチャート
株価チャートとは?
ローソク足チャートの読み方
ローソク足チャートの種類
その他の投資
外国為替証拠金取引(FX)
投資信託

株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説!トップ

About

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。