信用取引とは

« ローソク足チャートの種類 | メイン | インサイダー取引とは »

信用取引とは

株式投資ガイドー初心者向けに徹底解説! > 信用取引とは

通常、株式取引は、預けた額の範囲内で取引を行います。この取引を現物取引と言います。ただ、投資家の中には、預けたお金よりも多くの額の取引を、行いたいという人もいると思います。
そこで誕生したのが、信用取引です。これから、信用取引の概要利点と欠点株主権利について解説したいと思います。

概要
まず、信用取引とは何か?から解説していきます。
信用取引とは、証券会社から、預けたお金を担保に資金(又は株式)を借り、預けたお金より大きな取引を行えるしくみのことです。
ここでは、信用取引が出来る人信用取引の特異性売買手数料について解説します。
信用取引には審査があり、合格した人だけ始めることが出来ます。これは、投資家保護の観点から、信用取引口座の開設に当たって証券会社が実施しています。
また、信用取引は変わった特徴をもっており、買いと売りどちらからでも始められます。信用取引では、”株式を買ってから売る”という取引に加え、”借りた株式を先に売っておいて、後で買い戻す”といった取引が出来ます。これは信用取引が、6ヵ月で決済することを約束しているので可能になります。どちらが先でも同じだからです。
売買手数料は、0.05%~0.1%程度で、通常とあまり変わりません。

図:信用取引は、買いと売りのどちらからでも始められる
信用取引は、買いと売りのどちらからでも始められる

利点と欠点
信用取引の概要について解説しました。次に、利点と欠点を解説します。
1.信用取引の利点には、多額の取引が可能売りから入ることが出来ることがあります。
信用取引では、預けた資金より大きな額(最大3倍程度)の取引が出来るため、うまくいけば大きな利益が得られます。
また、先に説明したように売りから入れるため、下げ相場でも取引に参加できます。先に売っておいて、下がった所で買い戻すわけです。

2.信用取引の欠点には、預けた資金を超えた損失の危険利子の発生投資対象銘柄の制限決算時期の制約があります。
信用取引は、取引額が大きいため、損失が出た場合、預けた資金を超えた損をする可能性があります。
また、お金や株式を証券会社から借りるので、利子がかかります。(利率は2%程度)
しかも、購入できる銘柄も、信用指定銘柄だけに限られています。
さらに、6ヵ月で決済(=取引の終了)しなければならないので、有望な株式を買っていても、上がるまで持ち続けることが出来ません。ただし、信用買いの場合は、決済時期が無制限の、無期限信用取引もあります。ただ、無期限信用取引の方が、利子は高くなります。

上記の解説でおわかりのように、利点よりも、欠点の方が多い取引方法です。
初心者の方は、行わないほうが良いでしょう。

株主権利
信用取引の利点、欠点について理解していただけたと思います。次に、株主権利はどうなるのか?について解説します。
株式に投資することで得られる株主権利には、配当請求権株主優待株主の議決権があります。しかし、信用取引の場合には、制限があります。
信用取引を行っている場合の配当は、、買いの場合は、配当相当額をもらえます。逆に売りの場合は、配当相当額を支払わなくてはなりません。
また、株主優待、株主の議決権は、得られません。



<<分別管理とは? | 株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説! | インサイダー取引とは>>
株式投資の基本
株式投資とは?
配当とは?
配当の受け取り方法
配当性向とは
単元未満株とは
信用取引とは
インサイダー取引とは
値幅制限とは
決算情報を早く手に入れるには、決算短信をみる
株式情報の入手には、四季報を使う
株式投資の税金
株式の税金は?
株式投資の確定申告



株式投資の注文方法
株式の注文方法
成り行きとは?
指値とは?
逆指値とは?
株式投資の指標
PERとは
PBRとは
ROEとは
自己資本比率とは
株式投資のチャート
株価チャートとは?
ローソク足チャートの読み方
ローソク足チャートの種類
その他の投資
外国為替証拠金取引(FX)
投資信託

株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説!トップ

About

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。