インサイダー取引とは

« 信用取引とは | メイン | 値幅制限とは »

インサイダー取引とは

株式投資ガイドー初心者向けに徹底解説! > インサイダー取引とは

 他の市場参加者より先に、会社の情報を知ることができれば、株式投資で容易に儲けることが可能です。

 そこで思いつくのが、自分や、自分の近い人の勤める会社です。そういった会社なら、まだ未発表の内部情報を、簡単に得ることができます。こういった情報に基づき、株式投資をしてもいいのでしょうか?

 こういった取引は、”インサイダー取引”という行為にあたり、禁止されています。インサイダー取引とは、会社の内部者(=インサイダー)しか知り得ない情報に基づき、株式投資を行うことです。ここでは、以下の解説をします。

  ●インサイダー取引の禁止理由
  ●インサイダー取引の取引禁止期間

禁止理由
 ここでは、インサイダー取引の禁止理由と、取引禁止期間について解説します。まず、インサイダー取引が、なぜいけないのか?を解説したいと思います。インサイダー取引の禁止理由は、市場の公平性を守るため違法なためです。

1.インサイダー取引は、市場の不公平を招き、その結果、市場の縮小が起こるため禁止 インサイダー取引は、株価に大きく影響する内部者しか知り得ない情報を知った上で、株式取引できるため、他の市場参加者と比べて不公平です。市場が不公平だと、不利な方が取引を控えてしまうため、市場が縮小してしまいます。したがって、インサイダー取引は、市場の縮小を招くため禁止されています。

図:インサイダー取引は、市場の不公平を招き、その結果、市場の縮小が起こる
インサイダー取引は、市場の不公平を招き、その結果、市場の縮小が起こる

2.法律に違反するため禁止 インサイダー取引は、法律(証券取引法第166条)によって、禁止されています。違反した場合、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、または両方が科せられる可能性があります。

取引禁止期間
 インサイダー取引の禁止理由について、解説しました。ただ、インサイダー取引は禁止といっても、内部情報を知ってしまうと、永遠にその銘柄の取引ができないわけではありません。次に、内部情報を聞いてから、いつまで取引をしてはいけないのか?を解説していきます。

 株価に影響する未発表の情報(=重要事実)を知った場合、その重要事実が他の市場参加者にも公表されるまで、その銘柄の取引はできません。



<<信用取引とは | 株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説! | 値幅制限とは>>
株式投資の基本
株式投資とは?
配当とは?
配当の受け取り方法
配当性向とは
単元未満株とは
信用取引とは
インサイダー取引とは
値幅制限とは
決算情報を早く手に入れるには、決算短信をみる
株式情報の入手には、四季報を使う
株式投資の税金
株式の税金は?
株式投資の確定申告



株式投資の注文方法
株式の注文方法
成り行きとは?
指値とは?
逆指値とは?
株式投資の指標
PERとは
PBRとは
ROEとは
自己資本比率とは
株式投資のチャート
株価チャートとは?
ローソク足チャートの読み方
ローソク足チャートの種類
その他の投資
外国為替証拠金取引(FX)
投資信託

株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説!トップ

About

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。