PBRとは

« PERとは | メイン | ROEとは »

PBRとは

株式投資ガイドー初心者向けに徹底解説! > PBRとは

 会社の純資産(=会社の負債を除いた全ての資産)を、発行済み株式数で割った数値を1株あたりの純資産といいます。1株あたりの純資産とは、会社が倒産した場合、残余財産分配請求権によって投資家が受け取れる会社の資産を、1株あたりに直した数値のことです。

 ところが、株式の中には、株価が1株あたりの純資産を割り込んでいるものがあります。これは、株式が保障する1株あたりの会社の資産よりも、株式が安く取引されていることを意味しています。こういった”株式自体が持つ価値よりも安い株式”は、どうやったら簡単に見つけられるでしょうか?

 それには、PBRを使えばいいです。PBRとは、株式が、株式自体の価値の何倍で取引されているのかを計る指標です。ここでは、以下の解説をします。

    ●PBRの計算式は、株価/1株あたりの株主資本
    ●PBRの数値は、絶対ではない
PBRの計算式は、株価/1株あたりの純資産
 ここでは、PBRの計算式、数値が絶対ではないことについて解説します。まず、PBRはどういう計算で求められるのか?を解説したいと思います。

 PBRは、株価を1株あたりの純資産で割って求めます。つまり、株価が、1株が保障する会社の資産の何倍になっているのか表しています。

図:PBRの計算式
PBRの計算式

    PBRの望ましい数値は、1以下 なぜ1以下が望ましいのか?PBRが1以下の株式は、株式自体が持つ価値より安くなっているため、それ以上は下がりにくいから
     ものが、そのものの価値より安く売られている場合、それ以上は安くなりにくいです。PBRが1以下の株式は、ものの価値より安く売られている状態です。したがって、PBRが1以下の株式は、それ以上は安くなりにくいと考えられます。
PBRの数値が、1以下が良いというのは絶対ではない
 PBRの計算式を解説しました。これで、あなたは、PBRを求めることができるようになりました。そして、PBRは、1以下が望ましいこともお分かりいただけたと思います。ただ、PBRの数値は絶対ではありません。絶対でない理由は、PBRは、全ての資産を考慮していない業績によって変動するの2点からです。

1.PBRは、全ての資産を考慮していない 1株あたりの純資産は、お金に換算できる資産(現預金、土地、有価証券など)しか考慮されていません。会社の資産には、ブランド、著作権、特許などのお金に換算できないものもあります。よって、1株あたりの純資産は、全ての資産を考慮していません。そのため、1株あたりの純資産から導かれるPBRも全ての資産を考慮していないことになります。

図:会社の資産には、お金に換算できないものもある
会社の資産には、お金に換算できないものもある

2.PBRは、業績によって変動する 先ほど解説したように、PBRは、株価/1株あたりの純資産 で計算されます。ただ、1株あたりの純資産は、一定ではなく、会社が赤字だと減ってしまうこともあります。上記より、1株あたりの純資産は、業績によって変動します。そのため、1株あたりの純資産から導かれるPBRも業績によって、変動します。



<<PERとは | 株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説! | ROEとは>>
株式投資の基本
株式投資とは?
配当とは?
配当の受け取り方法
配当性向とは
単元未満株とは
信用取引とは
インサイダー取引とは
値幅制限とは
決算情報を早く手に入れるには、決算短信をみる
株式情報の入手には、四季報を使う
株式投資の税金
株式の税金は?
株式投資の確定申告



株式投資の注文方法
株式の注文方法
成り行きとは?
指値とは?
逆指値とは?
株式投資の指標
PERとは
PBRとは
ROEとは
自己資本比率とは
株式投資のチャート
株価チャートとは?
ローソク足チャートの読み方
ローソク足チャートの種類
その他の投資
外国為替証拠金取引(FX)
投資信託

株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説!トップ

About

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。