ROEとは

« PBRとは | メイン | 自己資本比率とは »

ROEとは

株式投資ガイドー初心者向けに徹底解説! > ROEとは

 会社の全ての資産から、負債を除いたものを純資産と言います。純資産は、会社が自由に使えるお金といえます。

 この純資産は、会社が倒産した場合、株主に配られます。このことから、純資産は株主のものと言う事ができます。投資家としては、株主のお金である純資産を使って、より大きな利益を上げている会社の株式を買いたいところです。どうすれば、こういった”純資産を使って、より大きな利益を上げている会社”を簡単に探せるでしょうか?

 それには、ROEを使うといいです。ROEとは、会社が、純資産の何%の利益を上げたのかを表した指標です。ここでは、以下の解説をします。

    ●ROEの計算式は、税引き後利益/純資産×100(%)
    ●ROEが高い株式は、株式自体の価値の伸び率が大きい
ROEの計算式は、税引き後利益/純資産×100(%)
 ここでは、ROEの計算式、高数値が表すことについて解説します。まず、ROEはどういう計算で求められるのか?を解説したいと思います。

 ROEの計算は、税引き後利益を純資産で割り、100をかけて単位を%にします。つまり、会社が、純資産の何%の利益を上げたのかを計算します。

図:ROEの計算式
ROEの計算式

    どれくらいの数値が望ましいのか? 株式投資は、リスクが高いため、ROE10%以上が望ましい
     株式投資は、リスクが高いです。リスクが高い投資には、大きなリターンが欲しいところです。よって、株式投資には、大きなリターン(10%以上)が望ましいです。
ROEが高い株式は、株式自体の価値の伸び率が大きい
 ROEの計算式を解説しました。これで、あなたは、ROEを求めることができるようになりました。そして、ROEは、10以上が望ましいこともお分かりいただけたと思います。次に、ROEの数値が高いことは、何を表しているのか?を解説します。

 純資産は、株式自体の価値を表しています。ROEが高い株式は、純資産の伸び率が大きいです。したがって、ROEが高い株式は、株式自体の価値の伸び率が大きいといえます。



<<PBRとは | 株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説! | 自己資本比率とは>>
株式投資の基本
株式投資とは?
配当とは?
配当の受け取り方法
配当性向とは
単元未満株とは
信用取引とは
インサイダー取引とは
値幅制限とは
決算情報を早く手に入れるには、決算短信をみる
株式情報の入手には、四季報を使う
株式投資の税金
株式の税金は?
株式投資の確定申告



株式投資の注文方法
株式の注文方法
成り行きとは?
指値とは?
逆指値とは?
株式投資の指標
PERとは
PBRとは
ROEとは
自己資本比率とは
株式投資のチャート
株価チャートとは?
ローソク足チャートの読み方
ローソク足チャートの種類
その他の投資
外国為替証拠金取引(FX)
投資信託

株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説!トップ

About

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。