自己資本比率とは

« ROEとは | メイン | 決算情報を早く手に入れるには、決算短信をみる »

自己資本比率とは

株式投資ガイドー初心者向けに徹底解説! > 自己資本比率とは

 会社の資本には、自己資本と他人資本があります。自己資本とは、返済の必要がなく自由に使えるお金のことです。また、他人資本とは、返済が決まっているお金(=借金)のことです。

 自己資本が少ないということは、自由に使えるお金が少ないということです。したがって、自己資本が少ない会社は、急激な業績の悪化などで大幅な赤字が出てしまった場合、支払い不能におちいってしまう可能性があります。この場合の支払い不能とは、倒産を意味します。投資する際には、大幅な赤字が出ても、持ちこたえられる可能性の高い”自己資本の多い会社”の株式を買いたいところです。では、自己資本が多い会社を選ぶには、どうしたらいいのでしょうか?

 自己資本比率を参考にすればいいです。自己資本比率とは、総資産の何%を自己資本が占めているかを表した指標です。自己資本比率が高い会社は、会社が保有している総資産の多くを自由に使うことができます。

自己資本比率の計算式は、自己資本÷総資産×100(%)
 投資する際には、自己資本比率を参考にするといいと解説しました。では、どうやって、自己資本比率を計算すれば良いのでしょうか?自己資本比率は、自己資本÷総資産×100(%)で計算します。

 自己資本比率は、自己資本が総資産の何%かを表すわけですから、始めに、自己資本を総資産で割ります。次に、最後に100をかけて、単位を%にして終了です。

図:自己資本比率の計算式
自己資本比率の計算式

自己資本比率の望ましい数値は、40%以上80%未満
 自己資本比率の計算式を理解していただけたと思います。では、自己資本比率は、どの程度の数値が望ましいのでしょうか?自己資本比率の望ましい数値は、40%以上80%未満です。これらの数値が望ましい理由は、以下です。

1.自己資本が少ないと、急な出費に持ちこたえられず、倒産するリスクが高まるから
 先ほど解説したとおり、自己資本は、急な出費に備えるお金です。自己資本が少ないと、倒産のリスクが高まります。したがって、自己資本が少ないと、急な出費に持ちこたえられず、倒産するリスクが高まります。そのため、自己資本比率を40%程度確保している会社が、望ましいでしょう。

2.事業への投資が、積極的だから
 他人資本(=借金)は、事業に使うために借りたお金です。借りたお金を事業に投資することで、より大きな利益を狙うわけです。よって、他人資本(=借金)は、事業に投資することで、より大きな利益を狙うものです。そのため、自己資本比率が高すぎる(=他人資本が少なすぎる)ことは、事業への投資に消極的ともとらえられます。以上の理由により、自己資本比率は、80%未満が望ましいでしょう。



<<ROEとは | 株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説! | >>
株式投資の基本
株式投資とは?
配当とは?
配当の受け取り方法
配当性向とは
単元未満株とは
信用取引とは
インサイダー取引とは
値幅制限とは
決算情報を早く手に入れるには、決算短信をみる
株式情報の入手には、四季報を使う
株式投資の税金
株式の税金は?
株式投資の確定申告



株式投資の注文方法
株式の注文方法
成り行きとは?
指値とは?
逆指値とは?
株式投資の指標
PERとは
PBRとは
ROEとは
自己資本比率とは
株式投資のチャート
株価チャートとは?
ローソク足チャートの読み方
ローソク足チャートの種類
その他の投資
外国為替証拠金取引(FX)
投資信託

株式投資ガイド ー初心者向けに徹底解説!トップ

About

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。