« 投資信託の利点 | メイン | 少額からはじめられる »

分散投資が出来る

投資信託では、集めた多くの資金で、たくさんの銘柄に分散して投資しています。
この事の利点は何でしょうか?
多くの銘柄に投資することで、値動きの幅を低く抑える事が出来ることです。

例えば、銘柄1つに資金全てを投資した場合、その銘柄の業績が奮わず、評
価額が減少してしまったとします。すると、資産が大きく減ってしまいます。
しかし、2銘柄に分散して投資していた場合を考えてみましょう。

一方が不振だったとしてももう一方が好調だった場合、好調な銘柄が不振な銘柄
の損失をカバーすることが出来ます。
では、200銘柄に投資していた場合はどうでしょうか?さらに、値動きは安定
すると考えられます。
もちろん、市場全体が下落相場であったり、業績の悪い企業にばかり投資してい
た場合、結局、資金は減少してしまうでしょう。しかし、市場が上昇相場の時に
、業績の良い企業に分散投資を行った場合、安定して利益をあげることが出来る
と考えられます。

分散投資の効果
分散投資の効果

これと同じことを、一般の投資家が実行しようと思っても株式の場合、最低でも
1銘柄30万円は必要と考えらるため、資金的に難しいでしょう。

分散投資には、値動きの安定性を高める効果があります。
また、1つの銘柄の値動きに資産が左右されることを防ぐことが出来きます。



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292