« 複利運用とは | メイン | 投資信託の運用を確認するための書類 »

グロソブとは

現在、投資信託には4000もの種類があります。

こんなに多くの中で、どの投資信託を選べばいいのでしょうか?最も投資家に選ばれているものを選ぶのも、ひとつの方法かもしれません。現在、最も投資家に選ばれている(=総資産額が全投資信託で最も多い)ファンドは、グロソブというファンドです。

グロソブとは、先進国のソブリン債を投資対象とした投資信託です。ソブリン債とは、公的機関が発行する債券(国債など)のことです。グロソブの正式名称は、グローバル・ソブリン・オープンといいます。グロソブには、決算周期別に、毎月決算型・3カ月決算型・1年決算型があり、1番人気は毎月決算型です。

これから、グロソブの人気の程度リターンとリスク欠点各種手数料購入場所について解説したいと思います。
人気の程度
まず、どの位人気があるのか?を解説したいと思います。
始めに、同種の投資信託と比べてみたいと思います。
同種の投資信託の2番人気は、ダイワ・グローバル債券ファンド(毎月分配型)です。
この投資信託の総資産額は、2378億円です。
グロソブは、8555億円ですので、3倍以上の額になっています。

また、投資信託全体でも総資産額は、1番です。
全ての投資信託の中で2番人気は、ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配)です。
この投資信託の総資産額は、8633億円です。
※上記データは、2015年12月現在のもの
    なぜ、ここまで人気があるのでしょうか?それには、2つの理由が考えられます。
    1.利子の支払いがきちんと行われる可能性の高い、先進国のソブリン債に投資するため、安定的な利子の収入が見込める。
    2.2001年1月以来、安定した分配金(40円)支払いの実績がある。
    上記、2点が多くの人に認められ、高い総資産額を実現していると考えられます。
    ※追記(2017/03/13)
    2017年3月現在、円高・各国の利下げにより、分配金は10円になっています。(40円→30円→35円→20円→10円)
リターンとリスク
人気の程度について解説しました。次に、グロソブのリターンとリスクを解説していきます。
1.グロソブのリターンには、債券からの利子収入債券の価格変動による差益があります。

参考データ(2015年12月現在) 5年リターン
ファンド名 リターン 購入手数料が、最も安い販売会社
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 7.66%(年率=1年あたり) SBI証券(購入手数料=0%)
※リターンは過去の実績であり、将来の収益を約束するものではありません。

2.グロソブのリスクには、デフォルトリスク金利変動リスク為替リスクがあります。
デフォルトリスクとは、約束した利息が払われないリスクのことです。ただ、債券に投資するのでデフォルトリスクはあるのですが、先進国が利子を支払えなくなることは考えにくいため、デフォルトリスクは非常に低いと考えられます。
金利変動リスクとは、金利変動により、債券価格が影響を受けるリスクのことです。 為替リスクとは、日々変化する"通貨の交換レート"の、影響を受けるリスクのことです。解約(または、買取請求)した際に、債券自体の価値が上がっていても、円の価値が上がっていた場合、儲けが目減り(または、損を)する可能性があります。

グロソブの欠点
グロソブのリターンとリスクについては、ご理解いただけたと思います。次に、グロソブの欠点は何か?について解説していきましょう。
グロソブの欠点には、円高に弱い配当控除の対象外があります。
グロソブは、外貨で運用するため、円換算した際に円の価値が上がっていると、グロソブの評価額は下がってしまいます。そのため、日本経済が好調になった場合に評価額が上がる、国内株式投資信託を組み合わせると良いです。
また、グロソブは、投資対象が債券が主で株式に投資しないため、配当控除の対象外です。

各種手数料
グロソブの欠点について解説しました。次に、グロソブの手数料はどれくらいか?について解説していきます。
グロソブの手数料には、購入手数料信託手数料信託財産留保額があります。
購入手数料1.575%以下
(最も安いのは、SBI証券:0%)
信託手数料(監査費用含む)1.31%
信託財産留保額0.5%
※上記データは、2015年12月のものです。購入の際には、目論見書で確認してください。

購入場所
グロソブの各種手数料について解説しました。次に、どこで購入できるのか?を解説します。
グロソブは、多くの販売会社で購入可能です。ただ、販売手数料が無料の販売会社は、あまりありません。その中のひとつに、SBI証券があります。


投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292