投資信託ガイドTop > 月0.3%の永久投信取り崩し術実践 > 月0.3%の永久投信取り崩し術実践

« 老後でも簡単にできる、投資信託の取り崩し方法 | メイン | 2021年3月の投資信託0.3%取り崩し。今月は3,106円取り崩せました。 »

月0.3%の永久投信取り崩し術実践

 全世界株式に投資すると、年7%*1のリターンが期待できます。年7%という数字は、わたしたちの年金を運用している、年金積立金管理運用独立行政法人の資料(PDFファイル)によります。
*1 全世界株式の割合を、日本株式:8%・外国株式:92%で計算

全世界株式のリターン:年7%
※年金積立金管理運用独立行政法人の資料より引用(赤枠は管理人が追記)

ただし、7%には、インフレ分2.3%がふくまれていますので、インフレ分をのぞいた実質的なリターンは、4.7%(=7%-2.3%)です。

インフレ分をのぞいた実質的なリターン
※年金積立金管理運用独立行政法人の資料より引用(赤枠は管理人が追記)

さらに、4.7%から、投資信託の運用にかかる手数料:信託報酬0.2%を引いた残りが4.5%(=4.7%-0.2%)になります。つまり、全世界株式で運用しているお金は、「インフレ分」と「信託報酬分」をのぞいても、年4.5%ふえていくことになります。

 年4.5%ふえていくということは、月0.3%(=年3.6%)の取り崩しなら、計算上は元本をへらさずにずっと取り崩すことができるはずです。本当にそんなことができるのでしょうか?

 実際にやってみようと思います。また、取り崩しのようすを、毎月公開していきます。なお、運用額は100万円を予定していますので、毎月3,000円(=100万円×0.3%)の取り崩しができるはずです。公開する予定の情報は、以下です。


運用している銘柄

運用する銘柄は、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を予定しています。


取り崩し額

その月の取り崩し額について書く予定です。


もらったポイント

その月に、投資信託の保有でもらったポイントを公開します。


現在までのリターン

ア.評価額の推移
その月の評価額と、その月までに取り崩した総額との合計が、どの程度になったのかを書く予定です。

イ.トータルリターン
その月までのトータルリターン(=「含み益」・「譲渡益」・「分配金」を合計した、総合収益のこと)が何円で、年率でどのくらいになっているのかを書く予定です。


投資信託の取り崩しに使っている会社一覧

楽天証券と、楽天銀行を使う予定です。

楽天証券


記事がお役に立ったら、資産運用を考えるお友達にこの記事をSNSなどで紹介してください。あなたの大切な方にも役に立つと思います。
↓  ↓  ↓