投資信託ガイドTop > 0からはじめるセミリタイアへの道 > なぜ全世界株式の期待リターンが、7%だと言えるのか?

« 投資信託をつかって、0からセミリタイアできるまでの手順 | メイン | セミリタイア生活には、毎月、資産額の0.3%を取り崩すのがおすすめの理由 »

なぜ全世界株式の期待リターンが、7%だと言えるのか?

 セミリタイアをするには、まず、何に投資するのか決めなくてはなりません。何に投資するのか決めなくては、投資から期待できるリターン(年率)(以下、期待リターン)がわかりません。期待リターンがわからなければ、セミリタイア開始までに必要な資産額もわかりません。

 そこで、わたしのサイトでは、期待リターンが高い、「全世界株式」にすべての投資資金を投資することを前提としています。なぜなら、投資できる額がきまっている以上、はやくセミリタイアするためには、期待リターンがたかいものに投資するほうが合理的だからです。

 ただ、わたしのサイトでは、なぜか全世界株式の期待リターンを「7%」としています。では、なぜ全世界株式の期待リターンが、7%だと言えるのでしょうか?

 わたしたちの年金を運用している、公的機関(年金積立金管理運用独立行政法人)のデータをもとに計算すると、7%になるからです。公的機関のデータをもとに、全世界株式の期待リターンを計算する方法は、以下です。


年金積立金管理運用独立行政法人のホームページのリンクから、pdfファイルを開く

 公的機関のデータを手にいれる方法を、3ステップにわけました。まずは、公的機関のホームページを開きましょう。

 ただ、開いたページでは、目的の数値を確認できません。目的の数値は、ページからリンクがはられたpdfファイルの中にあります。では、どれを開けばいいのでしょうか?

 基本 ポートフォリオの変更について(詳細)[PDF:863KB]とかかれたリンクを開きましょう。

リンク箇所の画像


pdfファイルから、必要なデータを手にいれる

 公的機関のホームページを開いて、pdfファイルを開くことができました。

 ただ、開いたpdfファイルは20ページもあり、さまざまなデータがあります。さまざまなデータから、必要なデータ:「日本株式の期待リターン」・「外国株式の期待リターン」を手にいれなくてはなりません。では、目的のデータはどこにあるのでしょうか?

 pdfファイルの9ページ目の、【期待リターン(名目リターン)】にあります。

期待リターン(名目リターン)の画像
※年金積立金管理運用独立行政法人の資料より引用(赤枠は管理人が追記)


手にいれた数値から、全世界株式の期待リターンを計算する

 公的機関のホームページにあるpdfファイルから、日本株式と、外国株式との期待リターンを手にいれることができました。

 ただ、手にいれたデータは、日本株式と、外国株式(=日本以外の先進国株式+新興国の株式)の期待リターンをそれぞれ示すデータにすぎません。これらを組みあわせて、「全世界株式の期待リターン」に変換しなければなりません。では、どうすればいいのでしょうか?

 手にいれたデータから、全世界株式の期待リターンを計算しましょう。手にいれたデータから、全世界株式の期待リターンを計算する方法は、以下です。

1.全世界株式のなかの、日本と、外国との割合を調べる

 まず、全世界株式のなかの、日本の割合が必要になります。全世界株式のなかの日本の割合は、全世界株式ファンドの月報から手にいれることができます。ここでは、全世界株式ファンドの、「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」の月報をつかいます。

 月報によると、現在の日本の割合は、5.7%のようです。現在の日本の割合が5.7%ということがわかりましたので、それ以外の94.3%は、外国(=日本以外の先進国+新興国)ということになります。

全世界株式ファンドの月報の画像

2.割合のデータをもとに、全世界株式の期待リターンを計算する

 日本と、外国との割合がわかりましたので、それをもとに全世界株式の期待リターンを計算します。以下の計算のとおり、全世界株式の期待リターンは、7.1088%だとわかりました。

  • 日本の割合:5.7%×日本株式の期待リターン:5.6%=0.3192%。
  • 外国の割合:94.3%×外国株式の期待リターン:7.2%=6.7896%
  • 2つを合計すると、0.3192%+6.7896%=7.1088%になります。


(おまけ)全世界株式のリターンをwebプログラムで計算してみる

 日本の割合は毎月変わるので、下の欄に日本の割合を入力すれば、全世界株式のリターンが計算されるプログラムをつくってみました。よろしければ使ってみてください。

 最新の「日本の割合」は、記事でも紹介した、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の「最新の月報」から入手してください。


ここに計算結果が出力されます。