投資信託ガイドTop > 0からはじめるセミリタイアへの道 > 投資信託をつかって、0からセミリタイアできるまでの手順

« 2022年1月の投資信託0.3%取り崩し。今月は3,751円取り崩せました。 | メイン | なぜ全世界株式の期待リターンが、7%だと言えるのか? »

投資信託をつかって、0からセミリタイアできるまでの手順

 全世界株式に投資をおこなえば、早めにセミリタイアできます。なぜなら、全世界株式は、高いリターンが期待できるからです。

 ただ、早めにセミリタイアするために、具体的にどうすればいいかわからないかもしれません。では、どうすれば早めにセミリタイアできるのでしょうか?

 以下のステップで、1歩ずつはじめましょう。何もない状態からセミリタイアできるまでの手順は、以下です。


全世界株式に投資する投資信託を毎月積み立てて、1,700万円ためる

 0からセミリタイアするまでの手順を2段階で解説しました。

 セミリタイアをめざす理由としては、お金よりも大切なもののために、収入にこだわらずに最適な仕事をえらびたいからだと思います。例えば、以下のようなものでしょうか。

  • お金よりも時間を大切にしたい
  • 収入が少なくても、肉体的、または精神的に楽な仕事をしたい
  • 収入が少なくても、やりがいのある仕事をしたい

 ただ、「収入にこだわらない仕事選び」をするには、仕事の収入が減った分を、ほかで稼がなければなりません。そこでおすすめなのが、資産運用をおこなって、仕事の収入が減った分をおぎなう方法です。では、資産運用で、仕事の収入が減った分をおぎなうには、どうすればいいのでしょうか?

 まず、全世界株式に投資する投資信託を毎月つみたてて、1,700万円貯めましょう。セミリタイアに必要なお金を貯めるための手順は、以下です。

1.SBI証券に口座を開設する

 SBI証券を選ぶべき理由は、積立投資に最適だからです。具体的には以下です。

  • SBI証券は、手数料が安い投資信託を、積極的に取りあつかっている。
  • 投資信託をもっているだけで、ポイントがもらえる。
  • 三井住友カード(NL)の積み立てで、ポイントが貯まる(還元率0.5%)。

2.eMASXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を月5万円以上積み立てる

 SBI証券で買える、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)だけを月5万円以上積み立てましょう。オール・カントリーは、全世界株式に投資する投資信託です。オール・カントリーには、以下の「大きな特長」があります。

・信託報酬(=投資信託の運用手数料)がもっとも安く、他に信託報酬が安い投資信託がでてきたときに、同じレベルまで信託報酬を下げる。

 オール・カントリーに投資資金を100%むけるべき理由は、期待リターンが7%と、長く運用されてきた伝統的4資産の中でもっとも高いからです。ちなみに、伝統的4資産とは、国内株式・国内債券・外国株式・外国債券の4つです。

>>なぜ全世界株式の期待リターンが、7%だと言えるのか?

3.1,700万円貯まるまで続ける

 積み立てをはじめたら、セミリタイアに必要になる1,700万円まで続けましょう。以下で、1,700万円たまるまでにかかる期間を計算してみました。

 月5万円積み立てる場合、17年必要です。
・高卒18歳からなら35歳でセミリタイアできます。
・大卒22歳からなら39歳でセミリタイアできます。

 月10万円積み立てる場合、11年必要です。
・高卒18歳からなら29歳でセミリタイアできます。
・大卒22歳からなら33歳でセミリタイアできます。

>>セミリタイアに必要な1,700万円たまるまでの年数を、簡単に計算する方法


1,700万円貯まったら、ルールにしたがって取り崩す

 さて、毎月コツコツ積み立てて、1,700万円貯まったとします。

 これからは、1,700万円をうまく取り崩して、毎月運用収益を稼がなくてはなりません。では、どうやって取り崩していけばいいのでしょうか?

 毎月1日に、その時点の資産額の0.3%を取り崩すのがおすすめです。たとえば、2月1日に資産額が1,800万円なら、5.4万円(=1,800万円×0.3%)取り崩します。なお、毎月取り崩すのが面倒なら、毎年1月1日に1度だけ、資産額の3.6%(=0.3%×12ヶ月分)を取り崩してもかまいません。

 資産額の0.3%の取り崩しがおすすめの理由は、月に0.3%の取り崩しであれば、計算上は、元本をへらさずにずっと取り崩すことができるからです。この点については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>セミリタイア生活には、毎月、資産額の0.3%を取り崩すのがおすすめの理由

 わき道にそれますが、この取り崩しルールだと、いちど株式相場が暴落すると、しばらく取り崩し額が少なくなります(資産額がへると取り崩し額もへるため)。過去のデータでは、暴落後、取り崩し額がはじめと同じ額:5.1万円(=1,700万円×0.3%)にもどるまでに、最大6年間かかったことがありました。

>>1,700万円でセミリタイアする場合の、最悪のケースのバックテスト結果


0からセミリタイアするためには、マネックス証券で投資をはじめるのがおすすめです。
>>マネックス証券









カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292