投資信託ガイドTop > 生活防衛資金 > 生活防衛資金の運用

« 生活防衛資金を貯められていない場合の投資 | メイン | 新興国株式のインデックス »

生活防衛資金の運用

 「生活防衛資金の必要性」で、投資に回せる―余裕資金の一部は、投資に回さずに、"生活防衛資金"として確保しておくべきだと解説しました。"生活防衛資金"とは、収入が途切れること(リストラなど)が起こった場合にも、生活できるように備えたお金のことでした。

 ただ、"生活防衛資金は投資に回さない"と言っても、タンス預金をするというわけにもいかないでしょう。もちろん、生活防衛資金は、値動きの激しい投資商品に投資するわけにはいきません。なぜなら、先ほど解説したように、生活防衛資金は、収入が途切れるという―非常事態に備えるお金だからです。では、生活防衛資金は、どういった投資商品で運用すればいいのでしょうか?

 生活防衛資金は、元本割れの可能性がほぼ無く、いつでも引き出せる投資商品で運用すべきです。具体的には、銀行預金・国内MMFなどです。上記のような投資商品で運用すべき理由は、以下です。(1)元本割れの可能性がほぼ無い―投資商品を選ぶべき理由は、(ア)給与収入を失う事態(リストラ・会社の倒産など)には、景気が悪くなったときに陥りやすい―と私は思いますが、(イ)景気の悪化に引きずられて評価額が下がるようでは、生活防衛資金としての役目を果たせないからです。(2)いつでも引き出せる―投資商品を選ぶべき理由は、生活防衛資金は生活費として使うため、必要なときにすぐ引き出せないと困るからです。

図:生活防衛資金は、元本割れの可能性がほぼ無い投資商品で運用する
生活防衛資金は、元本割れの可能性がほぼ無い投資商品で運用する

    わき道にそれますが、生活防衛資金の一部(30万円)は、新生銀行の国内MMFを買うことをおすすめします。なぜかというと、新生銀行では、国内MMFを30万円分持っていると、インターネットでの振り込みが月5回まで無料になるからです。


投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292