投資信託ガイドTop > 投資信託の用語解説 > デフォルトリスクとは?

« 投資信託の利益の受け取り方法 | メイン | リターン(=騰落率)とは? »

デフォルトリスクとは?

デフォルトリスクとは、主に、債券に投資した際に負うことになるリスクです。
デフォルトとは、約束された通りに、利子の支払い・元本の返還が行われないことです。
つまり、デフォルトリスクとは、購入したファンドが債券に投資していた場合、
その債券の発行元がデフォルトした時に、ファンドに利益が入らないなどの影響を
受けることです。

(予備知識)
債券とは、借金をする際に発行する借用書のようなものです。
債券をもっている人は、お金を貸しているのと同じ状態なので利子が受け取れます。

デフォルトの解説図
デフォルトの解説図

債券に投資する限り、デフォルトリスクから逃れることは出来ませんが、
デフォルトリスクを限りなくゼロにするためには、先進国のソブリン債券(国の公的機関が発行する債券)に投資するファンドを選ぶのが有効です。
ソブリン債券は、国が発行し、国が利子の支払いを保障するため、デフォルトリ
スクは非常に低いです。

ただ、デフォルトリスクの高い債券は、利子高いため利益を追求したい方には
魅力的かもしれません。
なぜ利子が高いのでしょうか?
デフォルトリスクの高い債券は、利子高くしないと、
みんなお金を出してくれない(債券を買ってくれない)からです。

なお、各債券は、格付け機関によってデフォルトリスクがどの程度高いのかが、
ランク付けされているため、それを確認することで危険性がわかります。



Twitterフォロワー募集中!