リターン(=騰落率)とは?

投資信託ガイドTop > 投資信託のリターンとリスク > リターン(=騰落率)とは?

« 投資信託のリスクとリターン | メイン | リスクとは? »

リターン(=騰落率)とは?

リターン(=騰落率)とは、一定期間のファンドの価値の変化率のことです。

ファンドは、定期に決算します。リターンは、前期と比較し、
ファンドの価値が何%増えた(または、減った)のかで表します。
リターンは、騰落率とも呼ばれます。

リターンの表示方法
リターンの表示方法

ファンドのリターンのデータには、1ヶ月、6ヶ月、1年間、3年間、5年間などがあります。
ファンド購入時には、出来るだけ長い期間のデータを参考にしましょう。
なぜ長い期間の数値の方が良いのでしょうか?
ファンドがあげた利益が、"一時的"にあげた利益か、"継続的"にあげた利益か
が判断出来るためです。

継続的に利益をあげたファンドを探す
継続的に利益をあげたファンドを探す

データの見方の注意点として、1年を越える期間のリターンの場合、
一般的に1年単位で表示されることを覚えておきましょう。。
例)"3年リターン:3%"と表示されていた場合、1年あたり3%のリターンをあ
げたという意味です。

リターンは、分配金を含めて計算され、信託報酬分も考慮されて表されます。
また、多くの場合、分配金は再投資したものとして計算されています。

リターン(=騰落率)とは、一定期間のファンドの価値の変化率のことです。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292