リレー投資に向いたインデックスファンド

投資信託ガイドTop > リレー投資 > リレー投資に向いたインデックスファンド

« 国内ETFの最低投資額の高さを補うリレー投資 | メイン | 海外ETFの出来高を確認する方法 »

リレー投資に向いたインデックスファンド

 「ETFの弱点を補うリレー投資」で、リレー投資を利用することで、ETFの弱点:“最低投資金額が高い”を補うことができると解説しました。

 ただ、リレー投資の月々の積み立てに使う投資信託選びは、通常の積み立ての投資信託選びとは、異なります。具体的には、売買時に必要になる手数料(販売手数料・信託財産留保額)がかからない(もしくは、非常に安い)ものを選ぶ必要があります。なぜなら、リレー投資に使う投資信託は、短期運用になるため、売買時に必要になる手数料の負担が重いからです。そのため、“短期運用でも手数料の負担が軽いこと“を重視した投資信託選びを、しなければなりません。ちなみに、通常の積み立てに使う投資信託選びでは、売買時に必要になる手数料にくわえ、信託手数料も重視する必要があります。では、“短期運用でも手数料の負担が軽い“という条件を満たす投資信託は、どの銘柄でしょうか?

 ETFのリレー用は、“ニッセイTOPIXインデックスファンド“です。海外ETF(TOK)のリレー用は、“たわらノーロード 先進国株式“が良いでしょう。向いているといえる理由は、各種手数料が安く、短期運用でも手数料の負担が軽いからです。具体的には、以下です。

 いずれも販売手数料が、無料です。また、信託財産留保額も無料です。そして、信託手数料も安いです。

図:リレー投資に向いたインデックスファンドの手数料一覧

使用用途投資対象名販売手数料留保額*信託手数料1万円解約時コスト
ETF用ニッセイTOPIXインデックスファンド0%(SBI証券0%0.18%0円
海外ETF用ニッセイ外国株式インデックスファンド0%(SBI証券0%0.20%0円
* スペースの関係上、信託財産留保額を“留保額”としています。

図:リレー投資の積み立ての投資信託選びと、通常の積み立ての投資信託選びの違い
リレー投資の積み立ての投資信託選びと、通常の積み立ての投資信託選びの違い






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292