マネックス証券

« ドルコスト平均法の実行の際の注意点 | メイン | ドルコスト平均法を楽に実行 »

マネックス証券

マネックス証券の概要
 マネックス証券は、投資信託から海外ETFへの―リレー投資に向いた証券会社です。(1)銀行口座引き落としの―自動積み立てサービスに対応した銀行数がもっとも多い(2)信託報酬の安いインデックスファンドの―自動積立額を、1000円から設定できる(3)海外ETF(外国株式)の取引手数料がもっとも安い―といった利点があります。

図:マネックス証券の情報一覧他の証券会社と比較

信託報酬の安いインデックスファンドシリーズ取り扱い○(3種類)貸株サービス○(年率:0.1%)
投信保有ポイントサービス○(年率:0.08%)外国株式
国内株式外貨MMF○(2通貨)

図:信託報酬の安いインデックスファンドシリーズ取り扱い状況他の証券会社と比較

インデックスeSMTFunds-ieMAXIS
×

図:投信保有ポイントサービスの還元率(年率)他の証券会社と比較

投資信託資産残高取得ポイント(年率)
残高問わず0.08%

図:国内株式(ETF)の取引手数料他の証券会社と比較

1注文の約定金額手数料
10万円以下108円
10万円超 20万円以下194円
20万円超 30万円以下270円
30万円超 40万円以下378円
40万円超 50万円以下486円
50万円超 100万円以下(成行注文)
1,080円
(指値注文)
1,620円
100万円超(成行注文)
約定金額の0.108%
(指値注文)
約定金額の0.1620%

図:貸株サービスの還元率(年率)他の証券会社と比較

TOPIX-ETF(銘柄コード:1306)を貸株した場合
0.1%

図:外国株式(海外ETF)の取引手数料他の証券会社と比較

購入手数料
約定代金の0.486%(最低:5.4米ドル、最大:21.6米ドル)

図:外貨MMFの取り扱い通貨と、為替手数料(1通貨あたり)他の証券会社と比較

米ドルMMFユーロMMFポンドMMF豪ドルMMF加ドルMMFNZドルMMFランドMMF
25銭70銭
※ -は、取り扱いがないことを示しています。

マネックス証券の利点の詳細解説
 ここでは、概要で述べた利点を具体的に解説します。

1.銀行口座引き落としの―自動積み立てサービスに対応した銀行数がもっとも多い。
 各都市銀行・地方銀行・ゆうちょ銀行などが積み立てに対応しています。そのため、“給料が振り込まれる銀行口座からの積み立て“が、おこないやすいです。
2.信託報酬の安いインデックスファンドの―自動積立額を、1000円から設定できる
 マネックス証券では、信託報酬の安いインデックスファンドシリーズ:“SMT”・“Finds-i”・“eMAXIS”の―自動積立額を、月1000円から設定できます*。そのため、毎月使える投資資金が少ない場合でも、広く分散投資ができます。
* ただし、海外ETFへのリレー投資にもっとも向いた投資信託:Finds-i・eMAXISシリーズ**は、銀行口座からの積み立てに対応していません***。したがって、Finds-i・eMAXISシリーズを自動積み立てしたい場合は、投資資金をあらかじめ証券口座に入金しておく必要があります。
** Finds-i・eMAXISシリーズが、リレー投資にもっとも向いていると言える理由は、リレー投資に向いたもの(TOPIX・MSCIコクサイインデックスに連動するもの)に信託財産留保額がかからないからです。
*** 一部の銀行では可能です。
3.海外ETF(外国株式)の取引手数料がもっとも安い
 マネックス証券の外国株式手数料は、1注文25.2米ドルです。この手数料は、外国株式をあつかう―ネット証券の中でもっとも安いです。

マネックス証券の欠点
 ただ、マネックス証券も、利点ばかりではありません。マネックス証券には、パソコンで株式を取引した場合の取引手数料が高い―という弱点があります。マネックス証券の―パソコンで株式取引した際の取引手数料は、以下です。(1)まず、成行注文の手数料は、約定金額の0.105%(最低手数料1,050円)です。(2)次に、指値注文の手数料は、約定金額の0.1575%(最低手数料1,575円)です。なお、携帯電話で取引した場合は、一定の条件を満たすと、最低手数料が105円になります。とはいえ、パソコンでの取引でも、最低手数料105円にしてほしいところです。

図:マネックス証券の―パソコンで株式取引した際の取引手数料

注文方法株式取引手数料
成行注文約定金額の0.105%(最低手数料1,050円)
指値注文約定金額の0.1575%(最低手数料1,575円)

    ※追記(2011/05/18)
    2011年5月2日に、マネックス証券の株式取引手数料が改善され、1注文の約定金額が10万円以下の場合、108円の手数料で株式取引できるようになりました。

実際にマネックス証券を使った場合、具体的にどんなメリットがあるのか
 マネックス証券の“銀行口座引き落としの―自動積み立てサービスに対応した銀行数がもっとも多い”と、“海外ETF(外国株式)の取引手数料がもっとも安い”が組み合わされることによって、以下のメリットが得られます。それは、投資信託から海外ETFへのリレー投資をする際にすべきこと:(1)投資信託を積み立て、(2)ある程度積み上がってから海外ETFにリレーする―という流れにかかる手間とコストを軽減できる というメリットです。

 ただし、先ほど解説したように、eMAXISシリーズは、銀行口座引き落としで積み立てできません***。そのため、銀行口座引き落としで積み立てたい場合は、信託財産留保額がかかるSMTシリーズで積み立てなければなりません。

マネックス証券の口座開設はこちら
>>マネックス証券






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール