証券会社のポイントのため方

投資信託ガイドTop > 証券会社のポイントサービス > 証券会社のポイントのため方

« 国内株式に広く分散投資する方法 | メイン | 証券会社の投資信託保有ポイント付与の計算式 »

証券会社のポイントのため方

 投資信託を取り扱う―証券会社は、ポイントサービスを実施していることがあります。代表的なネット証券のポイント名は、以下です。SBI証券のポイント名は、SBIポイントです。マネックス証券のポイント名は、マネックスポイントです。楽天証券のポイント名は、楽天証券ポイントか、楽天スーパーポイントです(投資家が、どちらのポイントをためるかを選べます)。

 ただ、証券会社によって、ポイント獲得の条件は様々です。以下に、ポイント獲得条件の例を挙げます。まず、投資信託を保有することが条件―というものがあります。また、国内株式を移管入庫することが条件―というものもあります。さらに、おこなわれている各種キャンペーンの条件を満たすことが条件―というものもあります。では、各証券会社の具体的なポイント獲得条件には、どのようなものがあるのでしょうか?

 以下の表にまとめました。表にまとめたのは、ポイントサービスを実施している―代表的なネット証券3社(SBI証券・マネックス証券・楽天証券)です。

上記の3社全てにある―ポイント獲得条件

投資信託の保有
証券会社名還元率
SBI証券投資信託残高の0.1%~0.2%(年率)
マネックス証券投資信託残高の0.08%(年率)
楽天証券投資信託残高の0.03%~0.12%(年率)
証券会社の関連ポイントサイトでの買い物
証券会社名ポイントサイト名
SBI証券SBIポイントモール
※一部、会員登録でポイントがもらえるものもあります。
マネックス証券マネックスポイントモール
楽天証券楽天市場

SBI証券以外にある―ポイント獲得条件

購入手数料がかかる投資信託を購入
証券会社名還元率
マネックス証券購入手数料の1.5%
※マネックス《セゾン》カード、《セゾン》カードを登録すると、投資信託購入時のポイントが優遇されます。
・マネックス《セゾン》カードを登録→通常の1.5倍
・《セゾン》カードを登録→通常の1.25倍
楽天証券購入手数料の1%

各証券会社独自の―ポイント獲得条件

SBI証券独自のポイント獲得条件
新規口座開設:100ポイント取得
国内株式移管入庫:1回の移管入庫につき100ポイント取得
マクロミルのポイントからの交換:マクロミル1ポイントにつき1ポイント取得
マネックス証券独自のポイント獲得条件
日計り取引:”一日定額手数料”利用時に、同一日に同一銘柄を「買って売った」場合、片道手数料相当額が実質無料
楽天証券独自のポイント獲得条件
友達紹介:楽天証券に友達を紹介し、その友達が楽天証券で所定の取引をした場合、”紹介した人”と”紹介された友達”との両方が500ポイントずつ(2017年3月現在)取得
各種キャンペーン:キャンペーンがおこなわれている―”その他の取引・サービスの利用”を実行することでポイント取得(ポイント数はキャンペーンごとに異なります)

記事に出てきた証券会社の口座開設はこちら
>>SBI証券
>>マネックス証券
>>楽天証券






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール