なぜ、証券会社は現金を自動的にMRFに換えるのか?

投資信託ガイドTop > MRF > なぜ、証券会社は現金を自動的にMRFに換えるのか?

« MRFとは | メイン | MRFには、元本割れの可能性はないのか? »

なぜ、証券会社は現金を自動的にMRFに換えるのか?

 「MRFとは」で、証券会社に入金した現金は、自動でMRFの購入資金として使われると解説しました。自動でMRFに換えられるお金は、以下です。まず、先に書いたとおり、”証券会社に入金したお金”です。また、”証券会社に預かってもらっている―資産を売却したお金”です。

 ただ、注文もしていない投資商品を勝手に買い付けられるのは迷惑だ―と思われる方もおられるかもしれません。しかし、MRFを自動で買い付けることは、投資家にとって有利なことなので安心してください。では、証券会社は、なんのために現金を自動的にMRFに換えるのでしょうか?

 それは、証券会社が、預り金を銀行預金と同レベルの条件で預かるためです。MRFに換えると、銀行預金と同レベルの条件で預かれる理由は、以下です。

    ●MRFだと、証券会社が倒産したときの―資金の安全性が確保される
    ●MRFだと、銀行預金と同じく利息(正確には分配金)が付く

MRFだと、証券会社が倒産したときの―資金の安全性が確保される

 証券会社が現金を自動的にMRFに換える理由は、証券会社が、預り金を銀行預金と同レベルの条件で預かるためだ―と解説してきました。

 ただ、証券会社が顧客の資金を預かる方法には、”預り金として預かる”―という方法もあります。では、なぜ、預り金として預かるという方法をとらず、わざわざMRFに換えるのでしょうか?

 MRFは投資信託であるため、証券会社が倒産したときの―資金の安全性が確保されるからです*。預かり方法ごとの―預け先倒産時の資金保護は、以下です。(1)預け先が倒産した場合、MRF(=投資信託)として預かってもらっている資金は、全額保証されます。(2)預け先が倒産した場合、預かり金として預かってもらっている資金は、証券会社の資金の管理方法によっては戻ってこない可能性があります。
* 投資信託の資金保護のしくみについてはこちら→受託銀行とは?

わき道

銀行預金の場合、預け先が倒産したとき、1,000万円とその利息までが保証されます。

図:預かる方法ごとの―預け先倒産時の資金の安全性比較

MRF預り金銀行預金
全額保証管理方法によっては戻ってこない可能性あり1,000万円とその利息までは保証


MRFだと、銀行預金と同じく利息(正確には分配金)が付く

 MRFは投資信託であるため、証券会社が倒産したときの―資金の安全性が確保されると解説しました。

 ただ、いくら資金の安全性が確保されたとしても、預けたお金に利息が付かないようでは、銀行預金と同程度の預かり条件とは言えないでしょう。では、預かり金をMRFに換えると、銀行預金と同じように利息が付くのでしょうか?

 MRFだと、銀行預金と同レベルの利息(正確には分配金)が付きます。具体的な比較は以下です。

図:預かり方法ごとの利息比較

MRF 預り金 銀行預金
0.000%*
※ 元本保証はありません
0% 0.001%
* ダイワMRF:2017/5/26 ~ 2017/6/1のデータ





「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292