投資信託ガイドTop > MRF > MRFの利回りは、銀行預金の利回りより高いのか?

« MRFがない証券会社が倒産した場合、資金は保障されるのか? | メイン | MRFには、どのくらいの信託報酬がかかるのか? »

MRFの利回りは、銀行預金の利回りより高いのか?

 「MRFとは」で、MRFは、"証券会社の普通預金"のようなもの―だと解説しました。MRFが銀行預金のようなものだと言える理由は、証券会社を通じて投資をおこなう場合、すべてMRFを通しておこなうことになるからです。

 ただ、"証券会社の普通預金のようなもの"と書きましたが、MRFは、銀行預金ほど使い勝手が良くありません。MRFの使い勝手が良くない理由は、以下です。まず、MRFは、公共料金や、クレジットカードの引き落としに対応していないことが非常に多いからです。また、MRFは、ネット証券を使っている場合、直接ATMで引き出せないことが多いからです(自分が指定した銀行に振り込んでもらう必要があります)。

 そのため、MRFに、その"使い勝手の悪さ"を補うだけの利回りがなければ、普段は銀行預金に預けておき、投資するときだけ証券会社に入金する方が合理的と言うことになります。では、MRFの利回りは、銀行預金の利回りより高いのでしょうか?

 MRFの利回りは、銀行の普通預金と同レベルです。以下の表で、大手ネット証券が取り扱う―"MRFの利回り"と"都市銀行の普通預金"との利回りを比較しています。

図:MRFの利回りと、都市銀行の普通預金との利回り比較

商品名 利回り
ダイワMRF
楽天証券マネックス証券で取り扱い)
0.000%*
日興MRF
マネックス証券で取り扱い)
0.000%**
都市銀行の普通預金 0.001%***
* 2017/5/26~2017/6/1の運用実績
** 2017/5/26~2017/6/1の運用実績
*** 2017/06/05現在


投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292