投資信託の分配金にかかる税金

投資信託ガイドTop > 投資信託の税金 > 投資信託の分配金にかかる税金

« 投資信託の利益の受け取り方法 | メイン | 投資信託のリスク »

投資信託の分配金にかかる税金

 投資信託は一定の期間ごとに決算し、その”一定の期間”に得た利益を、投資家に分配金という形で還元します。ただ、分配金には2種類あり、税金の取り扱いが違うので注意が必要です。では、分配金には、どんな種類があるのでしょうか?

 儲けの部分から出される分配金:「普通分配金」と、儲けではない部分(元本を取り崩して)から出される分配金:「特別分配金」との―2種類があります。普通分配金と、特別分配金とに分かれる条件は、以下です。

  • 普通分配金になる条件
  • 特別分配金になる条件
  • 普通分配金と特別分配金との両方がある条件


普通分配金になる条件

 分配金の支払い前に「基準価額が取得価格(=個別元本)を上回って」おり、分配金の支払い後にも、”基準価額が取得価格を上回っている”か、”同額だった”場合(つまり分配金全額が利益から支払われた場合)、分配金は普通分配金になります。なお、普通分配金の税率は、20%*で、源泉徴収されます。

補足説明

* 2037年までは復興特別所得税がかかるため20.315%になります。

分配金支払い前に基準価額が取得価格を上回っており…分配金支払い後も基準価額が取得価格を上回っていると普通分配金になる


特別分配金になる条件

 分配金の支払い前に「基準価額が取得価格(=個別元本)を下回って」おり、分配金の支払い後にも、”基準価額が取得価格を下回っている”場合(つまり分配金全額が元本から支払われた場合)、分配金は特別分配金になります。なお、特別分配金は課税されません(元本を払い戻しているにすぎないため)。

分配金支払い前に基準価額が取得価格を下回っており…分配金支払い後も基準価額が取得価格を下回っていると特別分配金になる


普通分配金と特別分配金との両方がある条件

 分配金の支払い前に「基準価額が取得価格(=個別元本)を上回って」おり、分配金の支払い後には、”基準価額が取得価格より下回っている”場合(つまり利益から支払われた分配金と、元本から支払われた分配金と両方がある場合)、分配金の中で、取得価格を上回る部分は普通分配金、取得価格を下回る部分は特別分配金になります。

分配金支払い前に基準価額が取得価格を上回っており…分配金支払い後には基準価額が取得価格を下回っていると、取得価格を上回る分配金は普通分配金になり、取得価格を下回る分配金は特別分配金になる

わき道

特別分配金を受け取った場合、特別分配金の分だけ取得価格(=個別元本)が下がります(特別分配金の分だけ元本の払い戻しを受けたことになるため)。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール