投資信託ガイドTop > 投資信託の税金 > 投資信託を売却したときの税金の計算

« 投資信託リンク | メイン | 投資信託を金額指定で取引した場合の、端数分の計算 »

投資信託を売却したときの税金の計算

 特定口座で取引している人がほとんどだと思いますので、多くの方は、投資信託を売却したときの税金を自分で計算する必要はありません。なぜなら、特定口座でおこなった取引の―売却時の税金の計算は、証券会社がやってくれるからです。

 ただ、自分で売却したときにかかる税金を計算する必要がある人もいます。自分で投資信託を売却したときにかかる税金を計算する必要がある人の例としては、"一般口座で投資信託を売却した人"・"自分で売却時にかかる税金を計算してみたい人"―といったところでしょうか。

 そういった方は、自分で投資信託の売却時にかかる税金を計算しなければなりません。では、投資信託を売却したときにかかる税金は、どうやって計算すればいいのでしょうか?

 投資信託を売却したときにかかる税金の計算は、以下の手順でおこないます。なお、併記している計算例は、外国株式インデックス・オープンを金額指定(30,000円)で売却した場合のものです。

1. 証券会社が発行する―取引報告書から、必要な数値を取得する。
・外国株式インデックス・オープンの取引報告書
外国株式インデックス・オープンの取引報告書
※ 解説に必要ない枠は省略しています。
  1-1. 取引報告書から、売却価格を取得する。
  1-2. 取引報告書から、個別元本単価を取得する。
  1-3. 取引報告書から、売却口数を取得する。
  1-4. 取引報告書から、売却手数料を取得する(今回、売却手数料は無料なので、表では空欄になっています)。
2. 1.の数値を使って、譲渡所得を計算する。
売却価格-(取得費:個別元本単価 ÷ 1万口 ×売却口数) ※小数点以下切り上げ-売却手数料
※ 個別元本単価を1万口で割っているのは、個別元本単価が1万口あたりの価格で表示されているからです。

例: 30,000円 - ( 8,000円 ÷ 10,000口 × 24,560口 ) - 0円 = 10,352円
3. 2.に20.315%をかけて、売却時にかかる税金を計算する(年に複数回取引した方は、取引ごとに2.を計算して、全てを合計した数値に20.315%をかけます)。
1年間の譲渡所得合計 × 税率:20.315%(所得税15.315%・住民税5%) = 譲渡所得にかかる税金
例:10,352円 × 20.315% = 2,000円 ※1,000円未満切り捨て

(注)この記事は税務署に確認して作成しましたが、参考程度にとどめてください。ご自身の税金を計算する際は、必ず税務署にご相談下さい。

わき道

取引報告書の"単価"(=売却価格)は、信託財産留保額を引いた後の数値が書かれています。以下で、"信託財産留保額を引いた後の数値"がどうやって計算されたのかを解説します。

・取引条件
約定した基準価額:12,227円
外国株式インデックス・オープンの信託財産留保額:0.1%

1.信託財産留保額の計算
12,227円 × 0.1% = 12円(小数点以下切り捨て*)

2."信託財産留保額を引いた売却価格"の計算
12,227円 - 12円 = 12,215円(取引報告書の"単価"の数値)

* 小数点以下が四捨五入されるか、切り捨てられるかは、運用会社ごとに異なるそうです。
(参考)投資信託を解約した際、実際の受取金額が基準価額より計算した金額と違うのはなぜですか? [SBI証券]



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292