国内ETFの最低投資額の高さを補うリレー投資

投資信託ガイドTop > リレー投資 > 国内ETFの最低投資額の高さを補うリレー投資

« 海外ETFのコスト削減効果は? | メイン | リレー投資に向いたインデックスファンド »

国内ETFの最低投資額の高さを補うリレー投資

 ETFは、国内株式インデックスに連動するように運用しています。ETFの利点は、国内株式インデックスファンドよりも、信託手数料が安い(約1/5)ことです。そのため、長期的に見た場合、運用益に大きな差がでます。

 ただ、ETFには、最低投資金額が高いという弱点があります。ETFの最低投資金額は、約17万円(2018年3月現在)です。そのため、投資資金が、17万円になるまで投資できません。一方、国内インデックスファンドは、1万円から投資可能です。よって、投資資金を無駄なく運用することが、できます。では、ETFの弱点:"最低投資金額が高い"を補う投資方法はないでしょうか?

    ※追記(2008/9/2)
    この記事は、ETFの最低購入価格が高いときに書かれたものです。現在は、最低購入株数が1/10(100株→10株)に引き下げられた*ため、1/10の価格で購入できます。
    * TOPIX連動型上場投資信託(証券コード:1306)のみ
 それには、リレー投資が良いです**。リレー投資の具体的な投資方法は、以下です。

 まず、毎月の積み立てを、1万円から投資可能な、投資信託(=国内株式インデックスファンド)で行います。そして、ETFの最低投資金額を上回ったら、投資信託を売却し、ETFを買います。

図:リレー投資の投資方法
リレー投資の投資方法

** 他にも、ミニ株を使って積み立て投資する方法もあります。→ミニ株を使ったETFの積み立て投資は、実用的か



記事がお役に立ったら、資産運用を考えるお友達にこの記事をSNSなどで紹介してください。あなたの大切な方にも役に立つと思います。
↓  ↓  ↓





「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧


有料記事

Powered by
Movable Type 4.292