投資信託の保有でもらえる―ポイント還元率が、もっとも高いのはマネックス証券

投資信託ガイドTop > 証券会社のポイントサービス > 投資信託の保有でもらえる―ポイント還元率が、もっとも高いのはマネックス証券

« 投資信託を保有して、ポイント還元できる証券会社では、SBI証券がおすすめ | メイン | サイトマップ1 »

投資信託の保有でもらえる―ポイント還元率が、もっとも高いのはマネックス証券

 「投資信託を保有して、ポイント還元できる証券会社では、SBI証券がおすすめ」で、”ポイントを現金化し、再投資すること”を重視した―証券会社のポイントサービス比較をおこないました。記事の内容は、“SBI証券が、ポイントの再投資に向いているためおすすめです。なぜなら、(1)ポイントを直接現金化でき、(2)還元率もまずまず だからです。“―といったものでした。

 ただ、人によっては、「ポイントを現金化する必要はない」という方もいるかもしれません。ポイントを現金化する必要がない―理由としては、(1)楽天市場をよく使うので、楽天スーパーポイントでもいい。(2)本屋でよく本を買うので、図書カードへの交換でもいい。といったところでしょうか。では、ポイントの現金化を考えない場合、もっともポイント還元率が高い証券会社はどれでしょうか?

 それは、マネックス証券です。各証券会社のポイント還元率は、以下です。マネックス証券のポイント還元率は、年率:0.08%です。ポイントは、最終的に図書カード・デパート商品券などに交換できます(ギフトカードには交換できません)。SBI証券のポイント還元率は、年率:0.056%*です。ポイントは、最終的に現金に交換できます。楽天証券のポイント還元率は、年率:0.03%~0.12%です。ポイントは、楽天スーパーポイントです。

    ※追記(09/12/1)
    09年12月1日に、SBI証券のポイント還元率が、”投資信託資産残高の年率:0.1%(投資信託資産残高が1000万円以上の場合は、年率:0.2%)”に変更されました。現金交換時の目減り分を考慮すると、ポイント還元率は、年率:0.085%(投資信託資産残高が1000万円以上の場合は、年率:0.17%)になります。

図:各証券会社のポイント還元率

証券会社名還元率:年率交換ルート目減り最終的に受け取るもの
マネックス証券0.080%マネックスポイント → 《セゾン》永久不滅ポイント** → 図書カード・デパート商品券など。なし図書カード・デパート商品券など。※ ギフトカードはありません。
SBI証券0.043%*(目減り減算済み)SBIポイント → 現金20%現金
楽天証券0.030%~0.120%交換の必要なしなし楽天スーパーポイント
* “SMT グローバル株式インデックス・オープン“を保有した場合。
** セゾンカードをもっている人のみ、交換可能。

(補足説明)SBI証券の還元率 SBI証券のポイントの還元率は、販売会社が受け取る―信託報酬の20%です。信託報酬が安いインデックスファンド(SMTシリーズ 4種類)に、1年投資した場合のポイント還元率例は、以下です。

    ※追記(09/12/1)
    09年12月1日に、SBI証券のポイント還元率が、”投資信託資産残高の年率:0.1%(投資信託資産残高が1000万円以上の場合は、年率:0.2%)”に変更されました。現金交換時の目減り分を考慮すると、ポイント還元率は、年率:0.085%(投資信託資産残高が1000万円以上の場合は、年率:0.17%)になります。

図:SBI証券のポイント還元率:年率(優良なインデックスファンド:SMTシリーズ 4種類で例示)

投信名称取得ポイント(1年)**現金交換時の目減り考慮***備考
SMT TOPIXインデックス・オープン0.036%(=0.180%×0.2)0.029%現金交換時、住信SBIネット銀行以外に振り込んでもらった場合、165円の手数料がかかる。
SMT グローバル株式インデックス・オープン0.054%(=0.270%×0.2)0.043%
SMT 国内債券インデックス・オープン0.036%(=0.180%×0.2)0.029%
SMT グローバル債券インデックス・オープン0.054%(=0.270%×0.2)0.043%
*** 計算式:販売会社の受取信託報酬:年率(税抜)×0.2
**** 計算式:取得ポイント(1年)×0.8

(補足説明)楽天証券のポイント還元率 楽天証券のポイント還元率は、投資信託の資産残高によって変動します。(年率:0.03%~0.12%)

図:楽天証券のポイント還元率※ 期間中、値動きはなかったと仮定

投資信託資産残高取得ポイント数(1ヶ月)ポイント還元率(1ヶ月)****年率換算*****
50万円以上~200万円未満50ポイント0.0100%≧0.0025%0.1200%≧0.0300%
200万円以上~400万円未満100ポイント0.0050%≧0.0025%0.0600%≧0.0300%
400万円以上~600万円未満150ポイント0.0038%≧0.0025%0.0450%≧0.0300%
600万円以上~800万円未満200ポイント0.0033%≧0.0025%0.0400%≧0.0300%
800万円以上~1000万円未満300ポイント0.0038%≧0.0030%0.0450%≧0.0360%
1000万円以上~2000万円未満500ポイント0.0050%≧0.0025%0.0600%≧0.0300%
2000万円以上1000ポイント0.0050%>0%0.0600%>0%
***** 各残高の範囲内の―取得ポイントが一定のため、還元率は、(1)範囲内の最少額が一番高く、(2)額が多くなるにつれて低くなる。 例:50万円以上~200万円未満の場合、50万円の時(還元率:0.0100%)・199万9999円の時(還元率:0.0025%) ****** 計算式:ポイント還元率(1ヶ月)×12

記事にでてきた証券会社の口座開設はこちら
>>マネックス証券
>>SBI証券
>>楽天証券






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール