MRFとは

« 2013年10月~12月の更新履歴 | メイン | なぜ、証券会社は現金を自動的にMRFに換えるのか? »

MRFとは

 投資を始めるには、まず、証券会社の口座に現金を入金する必要があります。ネット証券への入金の方法は、以下です。まず、即時入金(リアルタイム入金)があります。次に、銀行振込があります。なお、店舗型の証券会社の場合は、ATMなどから入金できることもあります。

 ただ、現金を証券会社に入金すると、その現金は、すぐにMRF(マネー・リザーブ・ファンド)という投資信託の買付代金として使われる―ということを知っておいてください。では、その自動的に購入される―”MRF”とは何でしょうか?

 MRFとは、”証券会社の普通預金”のようなものです。銀行預金のようなものと言える理由は、証券会社を通じて投資を行う場合、すべてMRFを通して行うことになるからです。証券会社を通じて投資をするときの―資金の流れは、以下です。

入出金時の資金の流れ

1.証券会社の口座に入金したときに、MRFが自動で購入されます。入金額でMRFが購入されます。
2.証券会社の口座から出金したときに、MRFが自動で売却されます。MRFを売却した資金が出金されます。

資産売買時の資金の流れ

ア.投資信託などの資産を購入したときに、MRFが自動で売却されます。MRFを売却した資金で資産を購入します。
イ.投資信託などの資産を売却したときに、MRFが自動で購入されます。資産を売却した資金でMRFが購入されます。

図:証券会社を通じて投資をするときの―資金の流れイメージ図
証券会社を通じて投資をするときの―資金の流れイメージ図






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール