海外ETFの積み立てのしづらさを補うリレー投資

投資信託ガイドTop > リレー投資 > 海外ETFの積み立てのしづらさを補うリレー投資

« インデックスファンドとETFとの―利点だけを生かすリレー投資 | メイン | 2014年4月~6月の更新履歴 »

海外ETFの積み立てのしづらさを補うリレー投資

 海外ETFは、インデックスファンドに比べて信託報酬が安いです。信託報酬が安い―海外ETFの例は、以下です。まず、1つで全世界(先進国+新興国)の株式に広く分散投資できる―”VT”の信託報酬は、0.18%です。次に、日本を除く先進国株式に広く分散投資できる―”TOK”の信託報酬は、0.25%です。そして、新興国株式に広く分散投資できる―”VWO”の信託報酬は、0.15%です。

 信託報酬は保有している間ずっとかかる手数料であるため、信託報酬を安くすることは、長期投資をする上で重要です。以下は、30年間投資した場合の信託報酬の―総支払い額を、信託報酬率ごとに試算した結果です*。まず、信託報酬が0.5%の場合、信託報酬の30年間の―総支払い額は2,355,836円です。次に、信託報酬が1.0%の場合、信託報酬の30年間の―総支払い額は4,436,434円です。最後に、信託報酬が1.5%の場合、信託報酬の30年間の―総支払い額は6,273,305円です。
(参考)毎月積み立てる銘柄を決める

補足説明

* 試算の条件:年間積立額:60万円(=月5万円)・リターン:5%

 ただ、信託報酬に優れる海外ETFですが、積み立てがしづらいという弱点があります。海外ETFが積み立てしづらい理由は、以下です。まず、海外ETFは最低手数料が高いため、少額での投資だと手数料が非常に高くなります。また、海外ETFは、自動で積み立てる仕組みがないため、毎月購入注文を出さなくてはなりません。

 しかし、海外ETFの―”非常に安い信託報酬”は魅力的なので、積み立ての部分を工夫してでも使いたいところです。では、どう工夫すればいいのでしょうか?

 積み立てはインデックスファンドでおこない、海外ETFにリレー投資をすればいいです。海外ETFへのリレー投資の具体的な手順は、以下です。

1. インデックスファンドを積み立てます。
  積み立てをインデックスファンドでおこなう理由は、積み立てやすいからです。 インデックスファンドが積み立てやすい理由は、以下です。 まず、 インデックスファンドは、1万円から購入できます。 次に、 インデックスファンドは、購入する販売会社を選べば、手数料無料で購入できます。 そして、 インデックスファンドは、購入する販売会社を選べば、自動で積み立てられます。
2. 1.が100万円分貯まったら、全て売却します。
  100万円分貯まるのを待つ理由は、大きい額で取引すると、海外ETFの購入手数料が割安になるからです。
3. 2.のお金を米ドルに交換(=為替取引)します。
4. 交換した米ドルで海外ETFを買います。

図:インデックスファンドから海外ETFへのリレー投資手順
インデックスファンドから海外ETFへのリレー投資手順






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292