投資信託ガイドTop > 投資信託の実践 > リレー投資の問題点:リレー時の税金

« 株式投資信託の分配金の課税方式は、"総合課税"と"申告分離課税"との2つから選ぶ | メイン | 単利運用と複利運用の違い »

リレー投資の問題点:リレー時の税金

 「インデックスファンドとETFとの―利点だけを生かすリレー投資」で、リレー投資をおこなえば、インデックスファンドと、ETFとの利点をだけを生かすことができると解説しました。記事で解説した―各々の利点は、以下です。まず、インデックスファンドの利点は、積み立てやすいことです。また、ETFの利点は、運用コストが安いことです。

 ただ、リレー投資にも、欠点があります。では、リレー投資の欠点とは何でしょうか?

 それは、インデックスファンドを売却するタイミングで値上がり益があった場合、税金がかかることです。売却するタイミングで値上がり益があった場合、税金がかかる理由は、(1)投資信託の売却時、値上がり益があれば、税金がかかりますが、(2)リレー投資は、投資信託からETFへのリレーの際、必ず投資信託の売却をおこなうからです。