SBI証券の口座開設のすすめ。私が10年も使い続ける理由

投資信託ガイドTop > > SBI証券の口座開設のすすめ。私が10年も使い続ける理由

« 投資とパソコンに不慣れな親のために、投資信託のアドバイスをした話 | メイン | サイトマップ »

SBI証券の口座開設のすすめ。私が10年も使い続ける理由

SBI証券の口座開設をして良かったこと

気に入っている点

積極的に最新のインデックスファンドを取り扱う

 わたしが、SBI証券の口座開設をしてもっとも良かったと思うことは、「低コストのインデックスファンドが発売されたらすぐに取り扱ってくれること」です。「なんだ。そんなことか」と思われるかもしれませんが、これはとても重要です。

 わたしがSBI証券を使い始めてから、いくつも低コストのインデックスファンドが発売されました。そのたびに、すぐ取り扱ってくれています。もしすぐに取り扱ってくれなければ、その新発売のインデックスファンドをどうしても買いたい場合、ほかの証券会社に口座を開設しなければならなかったでしょう。

 そのときどきでは、低コストのインデックスファンドを取り扱う証券会社はあります。ただ、新しいものが発売されたときに取り扱うかは別です。いくら待っても、取り扱ってくれない証券会社もよくあります。常に新しいインデックスファンドを取り扱うのは、当たり前ではないのです。

投資信託の保有でポイントがもらえる

 わたしは、eMAXIS Slim 全世界株式というファンドを保有して、保有額の0.05%(年率)のポイントをもらっています。もらったポイントはTポイントに交換して、Yahoo!ショッピングで商品を買ったり、JCBギフト券を買ったりしています。

 JCBギフト券は、近所のスーパーで使っています。そして、浮いたお金を投資信託を買う資金にして、よりおおくの収益をねらっています。

 ちなみに、わたしはTポイントに交換していますが、マイル・nanacoポイントなどに交換することもできます。また、直接現金に替えることもできます。


SBI証券の口座開設する前に知っておいて欲しい弱点

改善して欲しいところ

 もちろんSBI証券も完璧ではなく、改善して欲しいところもあります。それは、グループ銀行である、住信SBIネット銀行からの資金移動の不便さです。

 先に解説しておくと、SBI証券は、住信SBIネット銀行の口座にあるお金で、投資信託を直接買えます。このため、住信SBIネット銀行から、いちいちSBI証券にお金を移動させなくてもかまいません。

 しかし、「SBI証券での投資信託の購入」に住信SBIネット銀行の口座のお金を使いたい場合、「通常の預金口座」から、「ハイブリッド預金」という口座にお金を移動させなければなりません。問題は、ハイブリッド預金に移すと、お金をATMで下ろせなくなることです。ATMで下ろしたければ、通常の預金口座にお金をもどさなければなりません。

 なお、この弱点は、投資信託を銀行から積み立てる予定の人にはまったく関係ありません。SBI証券は、楽天証券などの他のネット証券よりも、引き落としに対応した地方銀行の数がかなり多いです。そのため、銀行引き落としで投資信託を積み立てるなら、SBI証券は最適です。


SBI証券の口座開設をおすすめする理由:ひとつで資産運用ができる

ひとつでOK

 SBI証券に口座開設することで、老後に備えた投資をすぐにはじめることできます。投資をすぐに始めることができるのは、SBI証券なら投資信託を100円から積み立てられるからです。最初は100円からはじめ、慣れてきたらより多くの額を積み立てることで、老後にしっかり備えることができます。

 また、SBI証券なら、低コストインデックスファンドを選び放題です。なぜなら、SBI証券は、低コストのインデックスファンドのほぼ全てを取り扱っているからです。老後資金をつくるためには長い時間がかかるため、コストはとても重要です。コストの差は、時間が長いほど積み重なっていくため、たとえ0.5%でも、30年かかれば15%(=0.5%×30年)にもなります。

 さらに、SBI証券は、国内株式・海外株式・外貨MMFなどの、他の金融商品もはばひろく取り扱っています。ですから、他の金融商品に興味をもった場合でも、すぐに買うことができます。


<<SBI証券の口座開設はこちら>>
SBI証券[旧イー・トレード証券]

<証券会社おすすめランキング>

 SBI証券

 楽天証券

 松井証券





カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292