投資信託ガイドTop > 投資信託の実践 > 老後資金の必要額を自分で計算する方法

« これから投資信託を始める方に、口座の選び方のアドバイス | メイン | 発売されたばかりの投資信託の、マザーファンドの総資産額を調べる方法 »

老後資金の必要額を自分で計算する方法

 老後資金の必要額(=年金で足りない金額)は人それぞれです。毎月20万円必要な人と、毎月40万円必要な人とでは、当然老後の必要額は異なります。

 ただ、老後資金の必要額は、あらかじめ計算できます。いくら老後資金が必要なのか、自分で計算してみましょう。

老後資金の必要額を自分で計算

 老後資金の必要額を計算するには、まず、老後に毎月必要な金額を決めます。ここでは、月25万円と設定します。

 次に、将来もらえる年金額を確認します。将来もらえる年金額を計算できるサイトで、自分の年金額を確認します。

 上記のサイトで、実際に計算してみました。計算の前提は、以下です。

  • 30歳独身男性
  • 年収:360万円(内ボーナス60万円)
  • 老後に毎月必要な金額:25万円

 サイトで以下のように入力すると、年1,580,000円(月約13万円)もらえると計算できました。

年金額の計算例

 そして、老後に毎月必要な金額から、将来もらえる年金額(月額)を引くと、不足する金額が確認できます。25万円-13万円=12万円。よって、月に12万円不足することがわかりました。

 なお、不足する月額を、運用でおぎなうために必要な金額は、以下のように計算します。

ア. 不足する月額を年額に変換する
12万円×12ヶ月=144万円
年に、144万円を運用で手に入れる必要があります。
イ. 不足する年額を、期待リターンで割る
144万円÷4%(期待リターン*1)=3,600万円
老後までに、運用資産を3,600万円用意すれば、不足はなくなります。
*1 期待リターンは、あなたの耐えられる損失を考えて作った、資産の組みあわせを元に計算してください。

>> 投資信託のおすすめの組み合わせ4選


投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292