投資信託ガイドTop > インフレの資産への影響 > 日本に住んでいる限り、インフレに備える必要はない?

« 資産価値を下げるインフレ | メイン | インフレ率を考慮した実質リターンの計算方法 »

日本に住んでいる限り、インフレに備える必要はない?

 少し古いデータですが、『ウォール街のランダム・ウォーカー』によると、2000年代初めの先進国のインフレ率は2%程度だったそうです*。
* バートン・マルキール 『ウォール街のランダム・ウォーカー』 日本経済新聞社、2007年、23頁を参考

 ただ、日本も先進国ですが、『平成22年基準消費者物価指数**』のデータから計算すると、2000年~2013年の消費者物価指数の平均は-0.23%でした。つまり、2000年から2013年まで、物価が下がっていた(=デフレだった)ことになります。

 ちなみに、消費者物価指数の具体的な数値は、2000年から順番に、-0.7%、-0.7%、-0.9%、-0.3%、0%、-0.3%、0.3%、0%、1.4%、-1.4%、-0.7%、-0.3%、0%、0.4%でした。
** 平成22年基準消費者物価指数 [中分類 前年比(1971年~最新年)]

 そのため、日本に住んでいる限り、インフレに備える必要はない―と考える方もおられるかもしれません。では、日本に住んでいる限り、インフレを心配する必要はないのでしょうか?

 インフレには備えるべきです。日本に住んでいてもインフレに備えるべき理由は、日本も長期で見ると、インフレが起こっていたからです。

 日本の過去のインフレ率は、以下です。まず、先ほど解説したように、2000年から2013年までの日本の平均インフレ率は、-0.23%でした。次に、オイルショックや、バブル景気を含めた期間である―1971年から2013年までの日本の平均インフレ率は、2.73%でした。

図:日本の過去の消費者物価指数
日本の過去の消費者物価指数
2000年~2013年だけを見ればインフレの心配はないように見えますが、1971年~2013年を見ればインフレに備える必要があると分かります。



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292