投資信託ガイドTop > インフレの資産への影響 > インフレに強い株式投資

« インフレに負けないための運用 | メイン | NISAの期間 »

インフレに強い株式投資

 「インフレに負けないための運用」で、インフレで資産を目減りさせないためには、運用するのが効果的だと解説しました。記事では、運用すべき理由を、タンス預金をしていてはインフレが起こったときに資産価値が下がってしまうからだ―と話しました。

 ただ、運用すると言っても、運用するための商品には数多くの種類があります。例えば、投資対象には、投資信託・株式・債券・商品・金などがあります。

 ここでは、年金の運用でも使われている―株式についてお話したいと思います。投資する―といえば、もっとも株式がイメージしやすいかもしれません。

 株式はインフレに強い投資対象として知られています。では、なぜ株式はインフレに強いのでしょうか?

 株式がインフレに強い理由は、インフレが起こっても会社の"利益"が減らないからです。

 インフレが起こっても会社の"利益"が減らない理由は、以下です。(1)インフレが起これば会社が作る製品・サービスの価格も上がるため、売上数が同じでも"売上額"が上がりますが、同時に、 原材料の価格も上がるため、"コスト"も上がります。(2)そのため、(売上-コスト)で計算される―"利益"はインフレが起こっても変わりません。

 上記のように"インフレが起こっても会社の利益が減らない"ため、一般的に利益を元に動く*―"株価"にはインフレの影響が少ないわけですね。
* 高い収益を上げられる会社の株価はより高く、低い収益しか上げられない会社の株価はより低くなります。

補足説明

株式がインフレよりも高い収益が上げられることを示した―有益な表がありましたので、引用したいとおもいます。以下は米国のデータですが、参考になると思います。

図:株式のリターンと、物価上昇率(=インフレ率)との比較(引用図)
株式のリターンと、物価上昇率(=インフレ率)との比較(引用図)
バートン・マルキール 『ウォール街のランダム・ウォーカー』 井手正介訳、日本経済新聞出版社、2007年、253頁より引用



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292