投資信託ガイドTop > インフレの資産への影響 > インフレに負けないための運用

« インフレ率を考慮した実質リターンの計算方法 | メイン | インフレに強い株式投資 »

インフレに負けないための運用

 「日本に住んでいる限り、インフレに備える必要はない?」で、現在(2014年)はデフレ傾向にある―日本に住んでいても、インフレに備える必要があると解説しました。

 記事で、日本に住んでいてもインフレに備える必要がある理由は、日本も長期で見るとインフレが起こっていたからだ―と解説しました。

 上記のように、日本でも将来インフレが起こる可能性はあるので、タンス預金をしていては、現金の価値が下がって言ってしまう恐れがあります。

 ただ、預金の金利も低いため、タンス預金をするのとそうかわりません。タンス預金と、銀行預金との利息比較は、以下です。

 まず、タンス預金は、当然利息が付きません。次に、銀行預金は、わずかしか利息が付きません(年0.02%:都市銀行の普通預金金利)。では、どうすればいいのでしょうか?

 インフレで資産を目減りさせないためには、運用するのが効果的です。インフレで資産が目減りしないために、運用する必要がある理由は、(1)インフレが起こった場合、タンス預金をしていては、インフレ分資産価値が下がってしまいますが、(2)資産をタンス預金ではなく、株式等の"インフレに強いもので運用" していれば、インフレ以上の収益が上がるからです。

図:インフレに強い資産で資産価値を守る
インフレに強い資産で資産価値を守る



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292