投資信託の受託銀行とは?

投資信託ガイドTop > 投資信託入門 > 投資信託の受託銀行とは?

« 投資信託の運用会社とは? | メイン | 投資信託の利点 »

投資信託の受託銀行とは?

受託銀行とは、投資信託にかかる資金の管理を行う機関です。

投資家は、投資信託を購入するお金を、販売会社の口座に預けます。
仮に、受託銀行が無かったとすると、万が一、販売会社が倒産してしまった場合、
債権者(販売会社にお金などを貸していた人)と投資家で、
販売会社に残っている財産を、分けなくてはならなくなります。
販売会社の債権者にも、お金の返済を求める権利があるからです。
お金が足りなければ、預けたお金が全額戻ってこない可能性も出てきます。

受託銀行が無かったら?
受託銀行が無かったら?

これでは、安心してお金を預けられませんよね?

これを防止するために、"会社"と"投資家"の資産を"分別して管理"する必要があります。
この"分別して管理"する役割をするのが、受託銀行です。

受託銀行は、信託契約をした販売会社、投資信託会社の資金を分別管理します。

分別して管理していた場合、販売会社、投資信託会社が倒産しても、投資家の資産は
全額保護されます。
また、受託銀行が倒産してしまっても、受託銀行自体の
資産とも分別して管理されるしくみになっているため、全額保護されます。
※全額保護といっても、元本保証というわけではありません。

分別管理の役割
分別管理の役割

受託銀行とは、投資信託にかかる資金の管理を行う機関です。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール