投資信託ガイドTop > 投資信託入門 > 分配金は、少ないほうが良い

« 分配金は、ファンド資産から支払われる | メイン | 譲渡所得をエクセルで計算 »

分配金は、少ないほうが良い

 ファンドは、原則、決算期ごとに分配金を支払います。分配金は、期間中の運用益から、投資家への還元として支払われます。

 ただ、ファンドの分配金の額は、さまざまです。多いファンドもあれば、少ないファンドもあります。投資家としては、分配金の多いファンドの方が、良いと思うかもしれません。では、本当に分配金は、多いほうがいいのでしょうか?

 分配金は、少ないほうが良いです。なぜなら、分配金が多いファンドは、かかる税金も多いからです。

 分配金にかかる税金は、分配金の20.315%です。分配金の20.315%で計算されるため、分配金が多くなると税金も多くなります。したがって、分配金が多い場合、かかる税金も多くなります。

図:分配金が多いと税金も多くなる
分配金が多いと税金も多くなる


投資信託に投資するなら、低コストの投信を数多くあつかう―マネックス証券がおすすめです。
>>マネックス証券









カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292